ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 空港 > 北九州空港の滑走路延長について

本文

北九州空港の滑走路延長について

更新日:2020年9月7日更新 印刷

 北九州空港は、九州で唯一24時間利用可能な空港である特性を活かし、貨物拠点空港として発展することを目指しており、平成30年度、令和元年度には相次いで国際定期貨物便が就航し、令和元年度の国際貨物の取扱量は過去最高を記録したところです。
 北九州空港を貨物拠点化空港として、更に発展させていくためには、大型貨物専用機の長距離運航が可能となる滑走路の2,500mから3,000mへの延長が必要です。
 令和2年度から、滑走路延長に係る国の調査が開始され、PI(パブリック・インボルブメント)の準備などが進められています。
 福岡県は、北九州市、苅田町と連携して、国の調査の推進に協力していきます。

※パブリック・インボルブメント:Public Involvement(PI)
   周辺地域の住民等に情報を公開した上で、広く意見を把握し、計画策定過程に住民等の参画を促す
   ことをいう。

「北九州空港の滑走路延長計画」の詳細は、下記ホームページをご覧ください。
国土交通省九州地方整備局港湾空港部 北九州空港滑走路延長計画[新しいウィンドウで開きます]

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。