ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 空港 > 令和元年度北九州空港利用促進協議会総会が開催されました

本文

令和元年度北九州空港利用促進協議会総会が開催されました

更新日:2019年7月29日更新 印刷

 県では、北九州空港の整備と利用促進ならびに需要拡大を図るため、北九州市をはじめ、空港周辺の自治体、経済団体、空港関連団体と「北九州空港利用促進協議会」を設立し、さまざまな取り組みを行っています。

 7月29日、令和元年度北九州空港利用促進協議会総会が開催され、会長の小川知事は、「旺盛な航空需要に応えていくために、発着枠、利用時間に制限のある福岡空港と、24時間利用可能な北九州空港との役割分担・相互補完を一層推進するとともに、今年度から3か年を「北九州空港のネットワーク充実強化期間」と新たに位置付け、北九州市、苅田町など地域の皆さまと一緒になって路線の誘致や既存路線の定着等に積極的に取り組んでまいります」と述べました。

あいさつの様子
(写真)あいさつする知事

全体写真
(写真)会場の様子


北九州空港について(クリックすると新たなウィンドウで開きます)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。