ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 住まい(土地・建物) > 建物情報 > 建設業における労働関係法令の遵守について

本文

建設業における労働関係法令の遵守について

更新日:2023年10月6日更新 印刷

~建設業取引適正化推進月間(令和5年10~12月)~
~全国労働衛生週間(令和5年10月1~7日)~

はじめに

 国の働き方改革の中で、これまで建設業など一部の業務について適用除外とされていた「時間外労働の上限規制(罰則付き)」が、来年4月から全面的に適用されます。
 県内の建設業界においても慢性的な人材不足が生じており、そうした中での労働規制強化となっています。
 建設業を営む皆様方には、規制の内容を十分に理解した上で、来年4月からの規制強化に備え、労務管理体制の整備や適正な工期設定の推進に取り組んでいただく必要があります。

 また、近時、福岡県内でも「建設現場における重大な事故」が多発しており、貴重な人命が失われています。
 ひとたび重大な労働災害が発生しますと、被災された方だけでなく、その方を取り巻く家族や同僚など多くの人々にも深い悲しみや苦しみを与えることとなります。
 労働災害を根絶するために、皆様方には、今一度、労働安全衛生対策について経営者と社員が一丸となって取り組んでいただきますようお願いいたします。

建設業における時間外労働の上限規制について

1 規制の概要

 

現   行

令和6年4月以降

原 則

 

 

【労働基準法】

  • 1日8時間、1週間40時間
  • 36協定で定めた時間まで時間外労働可能
  • 災害など避けることができない事由により臨時の必要がある場合には、労働時間の延長が可能(労基法33条)

【労働基準法】

  • 現行と同じ

 

36協定の限度

【大臣告示】※強制力なし

  • 原則、月45時間かつ年360時間
  • 臨時的で特別な事情がある場合(特別条項)、延長に上限なし(年6ケ月まで)

            

これらは建設業には適用がないため、現在は適法な36協定があれば時間外労働の上限はない。

 

 

 

【改正労働基準法】※強制力・罰則あり

  • 原則、月45時間かつ年360時間
  • 特別条項でも次の制限あり。

 ア 年720時間を超えないこと

 イ 一時的に事務量が増える場合
        でも
   a 2~6カ月の平均で80時間
         以内であること。
   b 単月100時間未満であるこ
         と。
      
 c 月45時間を上回る月は年6
         回まで
                         
建設業では、このうちイのa及びbは、特別条項が「災害からの復旧・復興」である場合に限り、適用なし。

2 国の説明資料等

  〇建設業(時間外労働の上限規制 わかりやすい解説) [PDFファイル/10.88MB]

  〇建設業の時間外労働の上限規制に関するQ&A [PDFファイル/125KB]

3 国の説明会・支援制度

  〇厚生労働省主催「時間外労働の上限規制に関する説明会」
   👉 詳細はこちらから 

  〇労務管理の改善等に関する訪問支援 [PDFファイル/161KB]

建設現場における労働安全衛生対策の徹底について

1 建設現場における労働災害の防止について

 東京八重洲のビル工事現場で、作業員2名が死亡、3名が重傷を負った鉄骨の落下事故については、多くの国民に衝撃を与えたところです。
 近時、県内の建設現場においても、次のとおり作業員が死亡する重大な事故が連続して発生しています。
・3月に、福岡市博多区の工事現場で、クレーンで吊り上げた鉄板が落下して作業員1名が死亡。
・6月に、福岡市東区の工事現場で、掘削法面の崩落により作業員1名が死亡。
・9月に、福岡市博多区の解体工事現場で、上階から投げ落とされた瓦礫に当たって作業員1名が死亡。
・9月に、那珂川市の工事現場で、コンクリート基礎の一部崩落により作業員1名が死亡。

 また、重大な労働災害が発生して労働安全衛生法により罰せられた場合は、建設業法においても営業停止等の処分を受けることになります。
 重大な労働災害を根絶するためには、必要な労働安全衛生対策について正しく理解し、潜在的な「危険の芽」を確実に摘み取ることが必要です。
 参考となる資料や情報を次のとおり掲載しましたので、御活用いただき、皆様の建設現場が少しでも安全なものとなるよう願っています。

2 国の説明資料等

  〇建設工事における労働災害防止対策(令和4年10月) [PDFファイル/3.42MB]

  〇その他厚生労働省資料
    👉 詳細はこちら  

3 安全衛生講習会の開催(建設業労働災害防止協会福岡県支部) 

   詳細はこちら
     👉 令和5年度技能講習・安全衛生教育実施計画表 [PDFファイル/520KB]
     👉  申込はこちら

    ※ お問い合わせは「建設業労働災害防止協会福岡県支部」に直接お願いします。 
        福岡市博多区博多駅東3-14-18福岡建設会館3F
        TEL:092-483-5101

その他時間外労働の上限規制や労働安全衛生対策に関する問い合わせ

  所管する労働基準監督署にお尋ねください。
    👉 県内労働基準監督署の一覧はこちら

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)