ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 企画・地域振興部 > 国際局国際政策課 > 福岡県移住者子弟留学生制度50周年記念式典を開催しました

本文

福岡県移住者子弟留学生制度50周年記念式典を開催しました

更新日:2019年11月8日更新 印刷

 11月7日、福岡県移住者子弟留学生制度50周年記念式典を福岡市で開催しました。

 福岡県移住者子弟留学生制度は、福岡県からの海外移住者の子弟を県内の大学や専門学校などに1年間受け入れ、ルーツである福岡県への理解を深め、専門の知識や技術を習得させることにより、今後の県人会活動の活性化を担い、日本・福岡との交流に積極的に参加する人材を育成することを目的としています。この制度は昭和41年から始まり、これまで445人の留学生を受け入れてきました。

 本記念式典には、海外福岡県人会の代表者に加え、移住者子弟留学生OBなど約100人が参加しました。

 主催者である小川知事は、お祝いの言葉を述べるとともに、「留学生の皆さんには、それぞれの国と福岡県の架け橋として、また、将来の県人会を担う存在として、今後も一層活躍されますことを大いに期待しています」とあいさつしました。

あいさつする知事

(写真)あいさつする知事

会場の様子

(写真)会場の様子

記念撮影

(写真)移住者子弟留学生の皆さんと

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。