ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 福岡の農業 > 第56回献茶祭が開催されました

本文

第56回献茶祭が開催されました

更新日:2019年5月7日更新 印刷

 5月2日、「第56回献茶祭」が、八女市の霊巌寺(れいがんじ)で開催されました。
 献茶祭では、本県に初めてお茶の栽培と製法を伝えた茶祖「栄林周瑞禅師(えいりんしゅうずいぜんじ)」の遺徳をたたえるとともに、お茶に携わる約150人が「福岡の八女茶」の今後の発展を祈願しました。
 来賓として出席した小川知事は、「八女茶は昨年の全国茶品評会の『玉露の部』におきまして、5年連続で農林水産大臣賞を、また、18年連続で産地賞を受賞されております。『令和』という新しい時代におきまして、福岡県が誇る八女茶が内外の多くの皆さまに親しまれ、愛されていきますよう、関係者の皆さまと力を合わせて生産面、そして販売面の両面から取り組みを進めていきたいと思っております」と祝辞を述べました。 

来賓として関係者の皆さんの前で祝辞を述べる知事

(写真)祝辞を述べる知事

来賓席の様子

(写真)来賓として出席された皆さん

JAふくおか八女の皆さんと記念撮影を行いました

(写真)JAふくおか八女の皆さんと

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。