ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 河川・ダム > ダム > 福岡県渇水対策本部会議を開催しました

本文

福岡県渇水対策本部会議を開催しました

更新日:2019年6月26日更新 印刷

 昨年夏以降、少雨傾向が続き、河川の流況が悪化し県内のダム貯水率が低下していることを受け、県では、6月26日に渇水対策本部(本部長:小川知事)を設置し、同日、同会議を開催しました。

 同本部は、知事部局、企業局および教育庁が相互連絡・協議を行うことを通じて、渇水対策を総合的に推進し、渇水に関する情報収集や情報提供、節水の呼びかけなどを行うことを目的として設置されたもので、13年ぶりの設置となります。

 会議では、本部設置に係る経緯・現状として、県内の降水状況や主要水系ごとの渇水状況について報告が行われ、小川本部長は、迅速かつ的確に総合的な渇水対策を講じるよう指示するとともに、「全庁が一体となって県民生活に影響が及ばないよう、最大限の努力をしてもらいたい」と訓示しました。

指示を出す知事

(写真)指示を出す小川本部長

会場の様子

(写真)渇水対策本部会議の様子

第1回福岡県渇水対策本部会議資料 [PDFファイル/1.9MB]

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)