ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > 感染防止認証制度の対象事業者・対象施設

本文

感染防止認証制度の対象事業者・対象施設

更新日:2022年5月26日更新 印刷

福岡県では、新型コロナウイルス感染防止対策に必要な基準を遵守する飲食店・宿泊施設を福岡県が認証し、感染防止対策のさらなる促進により、感染拡大を抑制することで、利用者に対して安心感を与え、経済活動の活性化を図ることを目的とし、感染防止認証制度を実施しています。

福岡県感染防止認証制度の対象事業者・対象施設は以下の通りです。

1.対象事業者

次のいずれかに該当する者のうち、欠格事由に該当しない者。

(1) 食品衛生法(昭和22年法律第233号)第55条第1項に規定する許可を受けた者

(2) 旅館業法(昭和23年法律第138号)第3条第1項に規定する許可を受けた者

(3) 住宅宿泊事業法(平成29年法律第65号)第3条第1項に規定する届出をした者

(4) 国家戦略特別区域法(平成25年法律第107号)第13条第1項に規定する認定を受けた者

(5) 前各号に掲げるもののほか、県が特に必要と認める者

欠格事由は、次のとおりとする。

(1) 福岡県感染防止認証制度実施要項第12条第1項の規定による認証の取り消しの日から起算して原則3か月を経過していない者

(2) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員

(3) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団又は前号に規定する暴力団員と密接な関係を有する者

2.対象施設

県内に存する飲食店、宿泊施設及び県が特に必要と認める施設のうち、欠格事由に該当しない施設をいう。

飲食店


次のいずれかに該当する施設のうち、特殊形態営業(仮設営業、ろ店営業(ただし、許可を得て屋台を一定場所(公道、公園等公の管理に属する場所に限る。)に定置し、営業終了とともに撤去する営業(以下「定置屋台」という。)を除く。)、臨時営業)に係る施設及び持ち帰り・宅配専門営業に係る施設を除いた施設をいう。

(1) 飲食を目的とした設備を有し、かつ専ら集客を目的とする施設

(2) ろ店営業のうち定置屋台をする施設

【対象施設】

飲食店、喫茶店、居酒屋、レストラン、スナック、バー、屋台、フードコート など

【対象外施設】

テイクアウト専門店、デリバリー専門店、キッチンカー、社員食堂、学生食堂、ろ店、海の家 など

 

宿泊施設


(1) 旅館業法第3条第1項の許可を受けて行う同法第2条第2項及び第3項の営業に係る施設

(2) 住宅宿泊事業法第3条第1項の届出に係る住宅

(3) 国家戦略特別区域法第13条第1項の認定を受けた事業を営む施設

 

欠格事由(共通)


(1) 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業に係る施設

(2) 前条第2項第2号及び第3号に規定する者がその経営に実質的に関与している施設

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。