ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 道路 > 【完了】 令和2年1月、勘六橋の架け替え工事のすべてが完了しました。

本文

【完了】 令和2年1月、勘六橋の架け替え工事のすべてが完了しました。

更新日:2020年11月11日更新 印刷

新しく橋を架け替える工事事業)を行っていた勘六橋は、平成28年11月4日に部分的に開通し、車道2車線と片側の歩道が、通行可能となっていました。

その後、令和元年6月には、右折レーンも整備され、勘六橋は全面開通となりました。

さらに、令和2年1月には、勘六橋両岸の交差点改良工事が完了したことで、勘六橋架け替えに関する、全ての工事が完了しました。

事業の名称

街路事業 都市計画道路 境口頓野線(勘六橋) 

事業の概要

都市計画道路 境口頓野線は、国道200号直方バイパスと、直方市の中心市街地南部とを連絡しています。
また、県道福岡直方線を経由して、福岡市方面への広域交通を担っている、重要な路線でもあります。
その一方で、周辺には小学校や官公庁、大型商業施設などがあり、地域の生活交通を支える役割も、あわせ持つ道路です。

本事業では、老朽化した勘六橋(昭和9年竣工)の架け替えを行います。
あわせて、周辺の道路整備も行い、交通混雑の緩和や、歩行者・自転車の安全性確保などの、交通環境の改善を図ります。
これにより、市中心部へのアクセスの向上と、地域の活性化を促すことが、本事業の目的となっています。

事業箇所

直方市全体からみた、勘六橋を含む、境口頓野線事業の箇所図です。

本事業が対象とする道路は、都市計画道路 境口頓野線(県道 田川直方線)です。
本事業は、勘六橋の架け替えを含む、複数の道路工事からなっています。
対象区間は、図の赤線で示した部分です。

上の図は、直方市全体からみた事業箇所を示しています。
下の図は、勘六橋周辺の拡大図です。

勘六橋付近を拡大した、境口頓野線事業の箇所図です。

事業着手前の勘六橋の状況

事業着手前の、勘六橋の断面図

事業着手前の、勘六橋の断面図です。

勘六橋の車道は、片側1車線で幅は片側3メートル、右折レーンはありませんでした。

歩道は、両側ともに幅1メートルでした。

事業着手前の、勘六橋の歩道の状況

工事着手前の勘六橋の歩道を通行する、歩行者と自転車を後ろから撮影した写真です。

勘六橋の歩道を通行する、歩行者と自転車の様子です。
事業着手前の勘六橋は、歩道の幅が1メートルと狭く、歩行者と自転車がすれ違う時に、危険がありました。

事業着手前の勘六橋の車道の状況

工事着手前の勘六橋の車道を通行するために、長い列をつくっている車を撮影した写真です。

勘六橋の車道を通行する、自動車の様子です。
右折レーンがなく、混雑する状況が多々ありました。

新しい勘六橋の完成断面図

新しい勘六橋の完成断面図です

車道は、北九州市方面・福岡市方面ともに、直進レーンおよび右折レーンが整備されます。車道の幅は、1車線あたり3メートルです。

歩道は、両側ともに幅3.5メートルです。車いすと自転車が、安全にすれ違うことができる設計になっています。

勘六橋 架け替え工事中の状況

平成28年10月に撮影した、勘六橋の写真です。

新しい橋が部分的に開通する前、平成28年10月に撮影した写真です。
遠賀川は、写真の下側から、上に向かって流れています。
古い勘六橋の下流側に、新しい勘六橋を併設した状態です。
写真内の下が古い勘六橋、上が新しい勘六橋です。

平成29年2月に撮影した、勘六橋の写真です。

新しい勘六橋が部分的に開通した後、平成29年2月に撮影した写真です。
古い勘六橋の上部を撤去して、新しい勘六橋のみが残っている状態です。

事業完了後の状況

勘六橋東交差点付近から見た、新しい勘六橋の状況

事業完了後の令和2年1月に、勘六橋東交差点付近から、西の福岡市方面に向かって撮影した写真です。

勘六橋東交差点付近から、西の福岡市方面に向かって、勘六橋を撮影した写真です。(令和2年1月)
車道は、北九州市方面・福岡市方面ともに右折レーンが整備されたことで、交通混雑の緩和が期待されます。
歩道は、従来の幅1メートルから、3.5メートルと大幅に広くなり、歩行者と自転車が安全にすれ違うことができるようになりました。

事業完了後の令和2年1月に、勘六橋東交差点付近から、少し遠賀川上流側へ動いた位置から、勘六橋の側面を撮影した写真です。

勘六橋東交差点付近から、少し遠賀川上流側へ動いた位置から、勘六橋の側面を撮影した写真です。(令和2年1月)

 

上空から見た、新しい勘六橋の状況

新しい勘六橋と、その両側の交差点付近が整備された状態を、上空から撮影した写真です。

新しい勘六橋と、その両側の交差点付近が整備された状態を、上空から撮影した写真です。(令和2年2月)

事業の成果

事業実施前の勘六橋を中心とした周辺の道路は、特に朝夕は渋滞が起こるなど、交通の混雑がみられました。

本事業が完了したことにより、以前よりも勘六橋周辺の車の流れはスムーズになり、混雑が緩和されました。

また、歩道部では、歩行者と自転車のすれ違いが容易になり、通行する歩行者の安全性が高まりました。

工事へのご理解・ご協力ありがとうございました。

昭和9年(1934年)に旧勘六橋が竣工して以来、86年ぶりに勘六橋が新しく生まれ変わりました。

関係者の皆様のご尽力、および直方市民をはじめとする県民の皆様のご理解、ご協力により、この事業を完了することができました。
この場を借りて、お礼申し上げます。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。