ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 環境政策・国際環境協力 > 環境学習・環境教育 > 環境保全セミナー・ワークショップを開催しました

本文

環境保全セミナー・ワークショップを開催しました

更新日:2019年3月29日更新 印刷

平成30年度環境保全セミナー・ワークショップを開催しました

 福岡県嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所では、「地球温暖化の防止」、「3Rの推進」、「自然共生社会づくり」等の環境に関する課題に効果的に対処するため、「筑豊地区地域環境協議会」を設置し、関係機関等からご意見を聞きながら効果的な施策の展開に努めています。

 今回、協議会では「連携と交流で目指す『楽しく続ける』環境保全・環境教育活動」~山村塾の取組みから活動のヒントを見つけよう~ をテーマに、環境保全セミナー・ワークショップを開催しました。

 【開催日時】  平成31年3月24日 日曜日  13時30分から16時40分まで

 【開催場所】  飯塚市庄内生活体験学校 生活棟 (飯塚市有安958-1)

 【参加者数】     35人 
           (内訳:環境保全団体・NPO等 21人、企業 3人、行政 6人、個人参加 5人)

 【プログラム】
《講演》

 演題「いろいろな人とつながって育む 山村の風景」
     講師:特例認定NPO法人 山村塾 事務局長 小森 耕太 氏

《ワークショップ》

 テーマ「連携と交流で目指す『楽しく続ける』環境保全・環境教育活動」
      ファシリテーター:筑豊の自然を楽しむ会 成本 麻衣子 氏

 

《団体交流・パネル展示会》(セミナー終了後)

講演

 特例認定NPO法人山村塾 事務局長の小森 耕太氏、「いろいろな人とつながって育む 山村の風景」というテーマでご講演いただきました。

 棚田や茶畑が美しい風景をつくる八女市黒木町笠原地区を拠点とする山村塾は、農山村の豊かな自然環境を守ることを目指し、環境保全型農業やいろいろな生きものが住む森づくりに都市と農山村の住民とが一緒になって取組んでいます。

 小森さんは大学時代に山村塾の活動と出会い、2004年4月から山村塾事務局スタッフとして八女市黒木町に移住し、以後、地域の農林家と連携して様々な活動を企画運営されてきました。

 その活動は幅広く、他団体・企業・大学・行政など多様な主体と連携して、人材育成事業、アートと農のコラボレーション、国際合宿ボランティア、災害復興支援プロジェクトなど、様々な事業を展開されています。

 参加者からは、「ボランティアの力で大切な農村地域を守ることができることを知れた」、「山村塾の多岐に渡る活動。すばらしいの一言につきます」、「色々と苦労もあると思うが、楽しさを聞くことができてはげみになった」 といった感想がありました。

 

 講演の様子講演の講師(小森さん)がお話している様子

ワークショップ

 「連携と交流で目指す『楽しく続ける』環境保全・環境教育活動」をテーマに、ワークショップを行いました。

 

 筑豊の自然を楽しむ会成本 麻衣子氏がファシリテーターを務めました。

グループワークを行う参加者の様子ファシリテーターが説明している様子

 

グループワーク1

  • 近くに座った人と5~6人でグループとなり、「今日、この場の人でだれもしたことないようなこと」、「小さいとき何になりたかったか」、「夢」、「誰にも負けない 特技、得意なこと」などについて、グループの中で話しました。

 グループワーク1を行っている参加者の様子

グループワーク2

  • 民間団体、行政、その他(企業・個人)のカテゴリーで分かれ、同じカテゴリーの人で集まって5~6人のグループをつくりました。
  • 軽い自己紹介のあと、 活動に対する「強み」、「もとめるモノ」、「課題」をグループで共有しました。

  グループワーク2を行っている参加者の様子

 

グループワーク3

  • 団体・企業・行政・個人や男女がバランスよく混じったA~D班の4グループ(1グループ5~6名)に分かれました。
  • グループ内で、それぞれの強み、課題を出し合って、課題解決に向けてつながれそうなこと、必要なモノ・ヒトを見つけるために話し合いました。
  • 話し合った内容をまとめて、各グループの代表者1名が発表を行いました。

  グループワーク3のトークテーマ(それぞれの強み、課題を出し合って、課題解決に向けてつながれそうなこと等を見つけてみる)話し合いを活発に行っている参加者の様子グループワーク3を行っている参加者の様子グループワーク3の発表を行う参加者の様子

団体交流・パネル展示の様子

 会場では5団体がパネル展示やチラシ・パンフレットを配架し、活動紹介を行いました。

 セミナー終了後会場では、参加者同士の情報交換が活発に行われました。

 筑豊の自然を楽しむ会のパネル展示の様子トヨタ自動車九州㈱のパネル展示の様子福岡県立英彦山青年の家のパネル展示の様子

いただいた感想(アンケートより抜粋)

 参加者からは、「色々な活動をされている方とお話ができてよかったです。環境を保全する目的は皆一緒であると思いました。参加してよかったです」、「筑豊に様々な活動団体があることを知りました。今後連携を図っていきたいと思います」、「問題意識の共感ができたので良かった」、「参加した方々ひとりひとりが色々な目標を持って行動しているのを知り感動しました」、「ワークショップではグループ分けが何度もあったので、いろんな話が聞けて楽しかったです」等、そのほかにもたくさんの感想をいただきました。

 普段あまり出会うことのない環境保全・環境教育に関わる様々な人たちが一同に会し、活発に交流する機会となったのではないかと思います。

 ご参加の皆さんにとってこのセミナーが、今後の環境保全活動のヒントやモチベーションを持っていただく機会となったのであれば大変嬉しく思います。

 

 

 今後とも、筑豊地区地域環境協議会の事業に御協力いただきますようよろしくお願いいたします。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。