ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

効果的な換気について

更新日:2022年7月25日更新 印刷
ひとりひとりの行動が福岡を救う。日本を救う。

 令和4年7月14日の新型コロナウイルス感染症対策分科会提言において、エアロゾル感染に対応した屋内の換気の徹底が重要であることが提言されております。

 冷房の使用などのため換気が不十分になることにより室内の空気がこもりがちになる夏場は、特に十分な換気を心掛けていただきますようお願いいたします。

 屋内では、下の「感染拡大防止のための効果的な換気について」を参考に、無理なく換気を続けていただきますようお願いいたします。

 

スライド

 


(参考:感染拡大防止のための効果的な換気について [PDFファイル/2.95MB] ※新型コロナウイルス感染症分科会

 

 

特定建築物所有者等の事業者の皆さまへ

 上記提言を踏まえ、建築物環境衛生基準に従った特定建築物等の維持管理における効果的な換気の実施につきまして、令和4年7月25日付けで厚生労働省から通知がありましたので、ご参照ください。

 

換気の徹底の再周知について [PDFファイル/276KB] ※厚生労働省

・別添1:二酸化炭素濃度測定器を使用する際の留意事項 [PDFファイル/89KB]

・別添2:熱中症予防に留意した「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法 [PDFファイル/411KB]

・別添3:効果的な換気のポイント [PDFファイル/410KB]

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)