ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化財・世界遺産 > 文化財保護 > 第66回日本伝統工芸展福岡展を訪問しました

本文

第66回日本伝統工芸展福岡展を訪問しました

更新日:2020年2月7日更新 印刷

 2月7日、福岡三越で開催されている日本伝統工芸展福岡展を小川知事が訪問しました。

 知事は、博多人形作家の中村信喬(なかむら しんきょう)氏から入選作品の解説を受けながら、人間国宝に選ばれた作家や若手作家の作品(陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸の7部門355点)を観賞しました。日本伝統工芸展福岡展は2月9日(日曜日)17時まで開催されています。

作品解説を受ける知事の写真

(写真)作品解説を受ける知事

博多人形作家の中村信喬氏、截金作家の江里朋子氏との記念写真

(写真)博多人形作家の中村信喬氏、截金(きりかね)作家の江里朋子氏と

会場の様子

(写真)会場入口。2月9日(日曜日)17時まで開催されている

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。