ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 医療 > 医療提供体制 > 連合福岡から地域医療の維持に関する要請書が提出されました

本文

連合福岡から地域医療の維持に関する要請書が提出されました

更新日:2020年2月6日更新 印刷

 2月6日、日本労働組合総連合会福岡県連合会(連合福岡)の西村芳樹 会長、藤田桂三 副会長、江上英憲 政策・連帯局副事務局長が訪問され、小川知事に対し、地域医療の維持に関する要請書を提出されました。
 知事は、昨年、国が再編統合について特に議論が必要な医療機関を公表したことについて触れ、「今後、地域医療構想調整会議において協議を進める際には、診療実績などだけでは判断し得ない各医療機関の診療領域や地域の実情、再検証の結果、関係者の意見を十分に踏まえながら、議論を行ってまいりたいと考えております。要請内容については、しっかりと検討させていただき、今後の地域医療構想の実現に向けて生かしてまいります」と述べました。

西村会長から要請書を受け取りました

(写真)西村会長から要請書を受け取る知事

西村会長から要請書の内容について説明を受ける知事

(写真)西村会長から要請内容の説明を受ける様子

関連する情報

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。