ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > 【申請期間を延長しました。(2月28日まで)】福岡県接待を伴う飲食店等向け新型コロナウイルス感染防止対策助成金について

本文

【申請期間を延長しました。(2月28日まで)】福岡県接待を伴う飲食店等向け新型コロナウイルス感染防止対策助成金について

更新日:2021年1月4日更新 印刷

福岡県接待を伴う飲食店等向け新型コロナウイルス感染防止対策助成金に関するご案内 

1.更新情報

  10月9日(金曜日)から申請受付を開始します。

2.お問い合わせ先

  福岡県飲食店向け感染対策助成金 コールセンター
  電話番号 0120-110-193
  受付時間 9時~17時(12/29~1/3を除く、土日祝日も受付)

1.助成金の概要

 接待を伴う飲食店等の多くは、客との距離が近くなりがちであり、換気のための窓が少ないといった構造の店舗が多く、このような業態の特性を踏まえると、施設内の十分な換気など、より一層の感染防止対策が必要となります。
このことから、これらの店舗が感染防止対策を行うための備品購入費に対し助成を行います。

ご案内チラシ [PDFファイル/253KB]

2.助成対象者

 以下の全てを満たすものとします。

1.県内に店舗を有する中堅・中小企業者、個人事業者

2.業種別ガイドラインに従って感染防止対策を行い、福岡県「感染防止宣言ステッカー」の登録及び店舗に掲示している事業者
※「感染防止宣言ステッカー」は、「感染防止宣言ステッカー」申請フォームから申請ください。

3.新型インフルエンザ等特別措置法施行令第11条第1項第11号に規定する遊興施設のうち、以下のいずれかに該当するもの

(1)接待を伴う飲食店(名称にかかわらず客の接待を伴うもの)
  (風営法第2条第1項に規定する風俗営業の第1号の営業許可を有するもの)
  ※平成28年度6月23日の風営法改正より前に第2号の営業許可を取得した事業者も含む

(2)酒類の提供を行う飲食店(バー、ナイトクラブ等)
  (風営法第2条第11項に規定する特定遊興飲食店営業許可を有するもの)

(3)酒類の提供を行うカラオケ店
  (店舗内にカラオケ設備を有し、かつ実際にカラオケをサービスとして提供している店舗で、食品衛生法に規定する飲食店営業許可を有するもの)

4.県が新型コロナウイルス感染防止対策として実施する以下の補助金の支援を受けていない者

(1)経営者革新実行支援補助金(感染防止対策)

(2)福岡県宿泊事業者緊急支援補助金

※「福岡県飲食店向け新型コロナウイルス感染対策助成金」を受給した方でも申請可能です。ただし、助成を受けた物品の領収書での重複申請はできません。

3.助成金額

感染防止対策のための備品の購入にかかる経費

助成額
単独店舗の事業者 複数店舗を有する事業者
10万円以上15万円未満 10万円 10万円
15万円以上20万円未満 15万円 15万円
20万円以上 20万円
20万円以上25万円未満 20万円
25万円以上30万円未満 25万円
30万円以上35万円未満 30万円
35万円以上40万円未満 35万円
40万円以上 40万円

4.助成対象期間と物品について

令和2年4月1日から令和3年2月28日までの期間に、店舗で使用する備品(一定期間継続して使用できるもので消耗品以外のもの)の購入にかかった経費

※マスクや消毒液などの消耗品は対象になりません。

対象物品(備品)の例
(以下のうち、ウイルスへの効果が一般的に認められているものとする)
空気清浄機(ウイルス除去効果が認められるものに限る)
加湿器

空気清浄機能付きのエアコン(ウイルス除去効果が認められるものに限る)

換気機能付きのエアコン
サーキュレーター・扇風機
非接触式検温器
サーモグラフィカメラ
二酸化炭素濃度測定器
自動洗浄便器(センサーで水が流れるもの)
10 自動消毒器ディスペンサー
11 消毒設備(オゾン発生装置、紫外線照射機など)
12 その他、業種別の感染防止ガイドラインに基づく対策の徹底に必要なものとして知事が認める備品

※1、3、11、12については、型番が分かる書類及びウイルスを除去または抑制する旨が記載されている製品取扱説明書やカタログのコピー、ホームページの抜粋など、機能を有することが分かる書類を提出すること。

5.宣誓事項

以下の宣誓事項のすべてに同意すること。

宣 誓 事 項
「2.助成対象者」の要件を満たしていること。
今回申請する経費のうち、令和2年9月18日から施行された「福岡県飲食店向け新型コロナウイルス感染対策助成金」で交付を受けた物品の購入にかかる経費は含まれていないこと
過去に福岡県接待を伴う飲食店等向け新型コロナウイルス感染対策助成金の交付を受けていないこと。
申請内容に虚偽がないこと。虚偽が判明した場合は、助成金の返還に応じること。
申請内容に虚偽が判明した場合、申請者の名称、代表者名、助成金の内容等について公表することに同意すること。
福岡県及び事務局が行う関係書類の提出指導、事情聴取及び立入等の調査に応じること。
申請に添付した資料等について、原本と相違ないこと。
感染対策のために購入した備品を、私的使用や転売など他の用途に使用しないこと。
店舗において感染者が発生した場合は、保健所の調査に協力すること。
10 福岡県暴力団排除条例第2条に規定する暴力団又は暴力団員に該当せず、かつ将来にわたっても該当しないこと。また、暴力団員が事業主又は役員ではなく、暴力団と密接な関係を有しておらず、かつ将来にわたっても該当しないこと。
11 次に掲げる者に該当しないこと。
  • 国、法人税法(昭和40年法律第34号)別表第一に規定する公共法人
  • 政治団体
  • 宗教上の組織または団体

6.申請期間

令和2年10月9日から令和3年2月28日(消印有効)

7.申請書類と様式

申請内容に不備が多く見られます。申請前に、申請に係るQ&Aとチェックリストを御確認下さい。
また、申請書の作成を手助けする【簡易申請システム】を搭載した申請書データを作成いたしました。
(パソコンを使って申請書を作成し印刷して提出いただくものです)
是非ご活用ください。

〇福岡県接待を伴う飲食店等向け新型コロナウイルス感染対策助成金申請に係るQ&A

〇申請書記入例 ※申請書の記入にあたっては、こちらの記入例を参考にしてください。

〇単独店舗での申請の方(一括ダウンロード)

〇複数店舗での申請の方(一括ダウンロード) 

※「【簡易申請システム搭載】申請書一式(複数)」で様式2が不足する場合にお使いください。
※簡易申請システム搭載の様式の入力方法、不備等についてはマニュアルを御確認ください。

簡易申請システム様式マニュアル [PDFファイル/775KB]

そのほか、以下の書類を揃えてご提出ください。

  1. 各営業許可証の写し
  2. 振込先口座が分かる書類
  3. そのほかチェックリストに掲げる提出書類

なお、インターネットの利用ができない方向けに、コールセンター(TEL 0120-110-193)にて申請書類の送付を行います。

8.申請方法

「7.申請書類と様式」の各様式をダウンロードのうえ、必要事項を記入し、添付書類を添えて、事務局に郵送で申請してください。

郵送先

〒810-0004 渡辺通郵便局留

福岡県飲食店向け感染対策助成金事務局 あて

9.申請相談会のお知らせ

助成金申請書の作成をサポートする相談会を開催します。これから申請をされようとしている方は、お気軽にご相談ください。
詳しくは下記のリンクをご覧ください。

感染防止宣言ステッカー及び感染対策助成金の申請相談会を開催します。

申請相談会チラシ [PDFファイル/839KB]

10.注意事項

以下に該当する場合には、助成金の返還を求めます。

  • 申請書類等に虚偽その他不正の行為があったとき。

なお、助成金を返還させるときは、次に掲げる事項を助成金の申請者に通知します。

   (1)返還すべき助成金の額

   (2)返還期限

申請内容に虚偽が判明した場合、申請者の名称、代表者名、助成金の内容等について公表することがあります。

11.参考資料

福岡県接待を伴う飲食店等向け新型コロナウイルス感染対策助成金交付要領

助成金交付要領 [PDFファイル/188KB]

決定取消通知兼返還命令書(様式第2号) [PDFファイル/77KB]

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)