ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 広域地域振興 > 筑豊地域 > 沿線の見どころ(直方歳時館)

本文

沿線の見どころ(直方歳時館)

更新日:2020年4月10日更新 印刷

 炭鉱王堀三太郎の旧宅で、明治31年(1898年)に建造された木造平屋造りの格調高い建物です。昭和16年に直方市が寄贈を受けてから、約30年間にわたって中央公民館として多くの人々に利用されてきました。また、その間約3000組を越える市民がここで結婚式を挙げたそうです。
 平成11年4月に「直方歳時館」と名称も新たに、直方の四季折々を演出する新しい生涯学習施設として生まれ変わり、無料公開されています。

 (注)休館日、開館時間等については、各施設にご確認ください。


直方歳時館

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。