ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 職員採用 > 県職員採用 > 1類(児童福祉)専門試験

本文

1類(児童福祉)専門試験

更新日:2021年4月23日更新 印刷

〔例題1〕 

  年金制度に関する次の記述のうち妥当なのはどれか。


1.国民年金の第1号被保険者とは,厚生年金に加入している者をいう。

2.老齢基礎年金は,老齢期における稼得能力の喪失に対応するためのものであり,
    その財源のうち国庫負担の割合は3分の1である。

3.老齢基礎年金を受け取るための保険料納付済期間や保険料免除期間などを合計
     した受給資格期間は,少なくとも8年である。

4.現在,老齢厚生年金の支給開始年齢は,男性は 2025 年度まで,女性は 2030
    年度までにかけて,支給開始年齢が 70 歳へと段階的に引き上げられている。

5.少子高齢化が進行する中で,将来の保険料水準の上限を固定した上でその収入の
    範囲内で給付を賄えるように給付水準を自動的に調整する仕組みをマクロ経済スラ
    イドという。

 

(正答:5)

〔例題2〕

 次の記述ア~ウは,デュルケムが『自殺論』において論じた自殺の類型に関するもの
である。記述と類型の組合せがいずれも妥当なのはどれか。


ア.社会的規制が過度に弱い状態で,人々の欲望が社会によって規制されなくなること
  によって生じる自殺のことである。

イ.社会集団の統合度が過度に弱いときに,生きる意味や目的を失うことによって生じ
  る自殺のことである。

ウ.社会集団の統合度が過度に強く,個人が集団の中に埋没している状況下で生じる
  自殺のことである。

1類児童福祉選択肢

(正答:1)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。