ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 職員採用 > 県職員採用 > 1類(栄養士)専門試験

本文

1類(栄養士)専門試験

更新日:2020年4月28日更新 印刷

〔例題1〕 

 症例対照研究と前向きコホート研究の比較に関する次の記述のうち,正しいのはどれか。


1.症例対照研究は,前向きコホート研究に比べて,結果が出るまでに長い時間を要する。

2.症例対照研究は,前向きコホート研究に比べて,曝露に関する情報の信頼性が高い。

3.症例対照研究は,前向きコホート研究に比べて,多くの費用や労力を要する。

4.症例対照研究では寄与危険度の算出ができるが,前向きコホート研究では寄与危険度の算出ができない。

5.症例対照研究はまれな疾患についても適用可能であるが,前向きコホート研究はまれな疾患については適用困難である。

(正答:5)

〔例題2〕

  肝硬変に関する次の記述のうち,正しいのはどれか。


1.肝硬変の病期は,肝不全症状が出現していない非代償期と,肝不全症状が出現している代償期に大別される。

2.肝硬変では,門脈圧が顕著に低下することにより,食道静脈瘤が形成されて破裂・出血を起こす危険性がある。

3.肝硬変では,血中の分岐鎖アミノ酸が増加し,芳香族アミノ酸が減少することにより,フィッシャー比が上昇する。

4.肝硬変では,就寝前に炭水化物を中心とした軽食によってエネルギーを摂取すると,エネルギー代謝の改善やQOLの改善に効果がある。

5.肝硬変に伴う腹水に対しては,5 g / 日未満の厳しい食塩摂取制限を行うことが推奨されている。

(正答:4)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。