ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 職員採用 > 県職員採用 > 1類(土木)専門試験

本文

1類(土木)専門試験

更新日:2020年4月28日更新 印刷

〔例題1〕 

  図のようなゲルバー梁において,20 kN/mの等分布荷重が全長に作用しているとき,支点Bの鉛直反力の大きさはいくらか。

 1類土木問題

1.110 kN

2.120 kN

3.130 kN

4.140 kN

5.150 kN
 

(正答:5)

〔例題2〕

  セメントに関する次の記述A~Dのうちには妥当なものが二つある。それらを選んでいるのはどれか。

A.セメントクリンカーの組成化合物のうち,反応が極めてはやい化合物の水和による瞬結を防止するため,セメントには石こうが添加される。

B.セメントの水和反応は発熱反応であり,マスコンクリートでは一般的に水和熱の小さいセメントが使用される。

C.セメントは,粉末度が大きいほど強度の発現がおそくなり,水和熱が低くなる。

D.セメントが風化すると,強熱減量は減少し,密度は大きくなる。

 1.A,B

 2.A,C

 3.B,C

 4.B,D

 5.C,D

 

(正答:1)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。