ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 食の安全、家畜衛生、環境保全型農業 > 高病原性鳥インフルエンザ発生に係る宮内農林水産副大臣と小川知事との意見交換会について

本文

高病原性鳥インフルエンザ発生に係る宮内農林水産副大臣と小川知事との意見交換会について

更新日:2020年11月25日更新 印刷

 このたび、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことを受けて、現場状況の把握及び防疫対応等のため、宮内農林水産副大臣が来県され、小川知事と意見交換を実施します。

 
日時 令和2年11月25日(水曜日) 13時00分~13時20分
場所 行政棟8階 特別会議室
出席者

1.農林水産副大臣 宮内 秀樹

2.九州農政局長  横井() ()

3.農林水産省消費・安全局 食品安全政策課長 熊谷() 法夫() ほか

県出席

1.福岡県知事   小川 洋

2.農林水産部長  鐘江() 義広()

3.農林水産部次長 重吉() 俊二郎(
内容

1.小川知事あいさつ

2.宮内副大臣あいさつ

3.意見交換

※取材については、宮内副大臣あいさつまでとさせていただきます。

 なお、意見交換終了後(13時20分目途)、副大臣及び知事によるぶら下がり取材が行われます。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。