ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 子ども・青少年 > 子育て支援 > 保育士登録はお済みですか?
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 産業保安 > 産業保安関係 > 保育士登録はお済みですか?

本文

保育士登録はお済みですか?

更新日:2019年10月1日更新 印刷

保育士登録について

 児童福祉法の改正により、平成15年11月29日から、「保育士(保母)資格証明書」など、保育士となる資格を証明する書類だけでは、「保育士」として業務を行うことができなくなりました。

  保育士として業務を行うには、都道府県知事に対し登録申請手続きを行い、その業務に就く前に「保育士証」の交付を受ける必要があります。

  登録が済んでおらず「保育士証」が交付されていない方は、「保育士」とは見なされず、「保育士」の名称を使用することも業務に就くこともできません。
 登録手続きを行い、「保育士証」の交付を受けてはじめて、「保育士」として(=保育士の名称を用いて)業務を行うことができます。

 保育士として業務を行っていない方については、必ずしも登録をする必要はなく、登録をしなくても保育士となる資格がなくなるわけではありません。
 ただし、今後、保育士として業務を行おうと考えている方は、業務に就く前までに保育士登録をしておく必要があります。

登録するには?

  申請書類の受付から「保育士証」交付までの期間は、おおむね2ヶ月程度必要です(但し、書類不備、申請書類の受付時期・状況等によっては更に時間を要する場合があります。)。手続きを早めることは一切できませんので、登録が必要な方は早めに申請してください。

1.「保育士登録の手引き」を請求します

 申請書類の添付された「保育士登録の手引き」が1人につき1部必要です。
 (1)角型2号(A4用紙が折らずに入るサイズ)の返信用封筒を用意ください。表面にあなたの住所・氏名を記入します。
 (2)返信用切手を貼ります(1部必要な場合は140円、2から3部なら250円、4から6部なら390円です)。
 (3)登録事務処理センターあて封筒に返信用封筒を入れ、表面に赤字で「保育士登録の手引き○部請求」と明記し、センターに郵送します。


  請求先:都道府県知事委託 保育士登録機関(社会福祉法人 日本保育協会) 
   登録事務処理センター
   〒102-0083 東京都千代田区麹町1-6-2アーバンネット麹町ビル6階
  電話 03-3262-1080(肉声案内) ※平日:9時から17時 (音声案内)終日

 


2.登録の申請をします

 「保育士登録の手引き」に沿って、上記の登録事務処理センターに申請書類を郵送します。

3.登録手数料:4,200円

「保育士証」の記載内容が変わったときは?

 氏名や本籍地都道府県の変更は、保育士証の書換交付申請が必要です(手数料:1,600円)。 
  「保育士の登録変更等の手引き」の請求が必要となりますので、くわしくは登録事務処理センターのホームページでご確認ください。  

「保育士証」を紛失したときは?

 再交付申請が必要です(手数料:1,100円)。 
 「保育士の登録変更等の手引き」の請求が必要となりますので、くわしくは登録事務処理センターのホームページでご確認ください。

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。