ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 自然環境 > 自然・生物多様性 > ふしぎいっぱい自然探検隊を開催しました!

本文

ふしぎいっぱい自然探検隊を開催しました!

更新日:2019年11月6日更新 印刷

南筑後地域環境協議会(事務局:福岡県南筑後保健福祉環境事務所)では、10月27日(日曜日)に、八女市山内で「ふしぎいっぱい自然探検隊(自然観察会)」を開催しました。


はじめに、童男山古墳周辺で、講師や高校生の指導のもと、秋の森で植物の実や動物たちを観察しました。
次に、ふれあいの家南筑後で、植物の素材を使ってしおり作りを行いました。
当日は天候に恵まれ、元気な小学生たちは熱心に講師の話を聴いていました。

 

日時

   令和元年10月27日(日曜日)9時20分から12時40分

場所

   福岡県立ふれあいの家南筑後(八女市山内1268-2)

参加者数

   参加者総数:28名

 
小学生 小学生 4名
保護者 5名
幼児 1名
高校 県立伝習館高校生(顧問 木庭先生) 10名
大牟田高校生 4名
市町 八女市、筑後市、広川町 3名
講師

県保健環境研究所 環境生物課
金子研究員

1名

自然観察会

どんな生き物がいるか探しています 講師が捕まえた生き物について解説しています 見つけた生き物を皆さんで観察しています
ふれあいの家南筑後を出発し、童男山古墳周辺を探検しました。
色々な植物や動物を観察し、植物の種の運ばれ方や、どんぐりの見分け方を解説してもらいました。

 

クヌギの写真です アカメガシワの写真です オオカマキリの写真です 
写真は左から、クヌギ、アカメガシワ、オオカマキリです。

 

【見つけた生き物たち】

植物

コセンダングサ、セイタカアワダチソウ、
ススキ、アレチノギク、クサギ、
メリケンカルカヤ、チヂミザサ、
クリ、アラカシ、ササクサ、
ヒナタイノコヅチ、イロハモミジ、ツタ
イヌホオズキの仲間、エビヅル、フユイチゴ、
ヤマハギ、クヌギ、マルバアメリカアサガオ、
アカメガシワ、コナラ、シャシャンボ、
クロガネモチ、ヤマフジ、クスノキ、
ツブラジイ、クチナシ、ビロードイチゴ、
動物 ミミズ、ショウリョウバッタ、
トノサマバッタ、モンキチョウ、
クダマキモドキの仲間、クルマバッタ、
オンブバッタ、マダラバッタ、
オオカマキリ

観察会まとめ

 講師が観察会のまとめをしています  自然観察ガイドブック
観察会の後は、ふれあいの家南筑後に戻り、講師の金子先生から観察のまとめをしていただきました。
観察会で配布した自然観察ガイドブックは、身の回りの生きものを調べるとき等に活用してほしいと説明されました。

 

しおりづくり

参加者がしおりづくりに使う植物を選んでいます ヨモギの葉で作ったしおり 葉っぱを切って信号機のように並べて作られたしおり
最後に高校生のお兄さん、お姉さんと一緒にしおりづくりをしました。
個性豊かなしおりが出来上がりました!

観察会を終えて

アンケートでは、小学生からは「いろいろな虫や、植物にふれあうことができた。」、「しおりを自分で考えて作れた。」といった声をいただき、ほとんどの小学生のみなさんから「またやってみたい」との回答をいただきました。
保護者の方からは、「自然にふれあえて勉強もできてよかった。講師の説明が良かった。」、「高校生と一緒に参加できてよかった。」といった声をいただき、有意義な観察会にすることができました。ご参加いただきありがとうございました。


また、市町の皆様や、ボランティアで参加していただいた高校生や顧問の先生には、ご協力いただき大変感謝いたします。ありがとうございました。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。