ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 県政運営・監査 > 地方分権 > 福岡市長とのトップ会談を行いました

本文

福岡市長とのトップ会談を行いました

更新日:2019年5月24日更新 印刷

 5月24日、福岡市内において、小川知事と高島福岡市長がトップ会談を行い、宿泊税およびこども医療費などの助成制度の課題について合意書を取り交わしました。
 会談後の取材において、知事は「昨年の11月から半年間、実務者での協議を行い、論点を詰めてまいりました。その結果、本日、宿泊税の課題について福岡市と最終合意に至ることができました。これから、宿泊税によって得られる税収を県全体の観光振興や県内各地の観光の発展にしっかりとつなげてまいります」と述べました。

会談後、記者からの取材を受ける知事と福岡市長

(写真左から)トップ会談を終えて取材を受ける福岡市長と知事

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。