ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 産業保安 > 高圧ガス・火薬・電気工事 > 新型コロナウイルスの影響を踏まえた措置について(液石法施行規則に規定する期間延長)

本文

新型コロナウイルスの影響を踏まえた措置について(液石法施行規則に規定する期間延長)

更新日:2020年4月13日更新 印刷

新型コロナウイルスの影響に鑑み、液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律(液石法)施行規則で規定する期間(消費設備・供給設備の調査・点検及び周知、充てん設備の保安検査、液化石油ガス販売事業者の事業報告義務)について、令和2年4月10日付けで猶予措置が可能となる省令等の改正が行われました。

※事業者が猶予措置を活用される場合には、事故の発生防止に努め、一般消費者等の保安確保に努めることとなっております。

詳細は下記の経済産業省のホームページをご確認ください。

新型コロナウイルスの影響を踏まえた措置について(液石法施行規則に規定する期間延長)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。