ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > スポーツ振興 > ラグビーワールドカップ2019日本大会開催後経済効果分析レポートの公開について

本文

ラグビーワールドカップ2019日本大会開催後経済効果分析レポートの公開について

更新日:2020年6月24日更新 印刷

 標記の件について、公益財団法人日本ラグビーフットボール協会から発表されましたので、お知らせいたします。

 本レポートは、ラグビーワールドカップ2019TM日本大会が、日本全体と各開催都市に与えた経済効果とその他の実績・成果に関する分析をまとめたものであり、福岡県・福岡市の経済波及効果は下記のとおりです。

【福岡県・福岡市の経済波及効果等の概要について】

 

福岡県

福岡市(福岡県内数)

経済波及効果

154億円

143億円

GDP効果※

85億円

75億円

ファンゾーン入場者数

43,384人

チケット販売数

52,952枚

※経済波及効果のうち、付加価値分(当該地域が大会の開催準備と大会開催により得た給料や利益など)を表したもの。

 

 

 なお、本レポートの内容に関するお問い合わせにつきましては、下記までお問い合わせいただくよう、よろしくお願いいたします。

<内容に関するお問い合わせ先>

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 TEL:03-3503-1037

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。