ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

エコドライブ解説

更新日:2020年4月1日更新 印刷
 エコドライブは、自動車の燃料消費を少なくすることで排出ガスを減らし、燃費を向上させる運転です。
 地球温暖化原因物質である温室効果ガスの最大の発生源は化石燃料の使用であり、中でも二酸化炭素(CO2)の増加は大きな問題となっています。そのため、自動車の燃料消費量を削減するエコドライブについては、公共機関、関係団体が啓発に努めています。
 エコドライブを実践することで、燃料消費量を2割程度削減することも可能だとされており、燃費の改善という経済的なメリットも期待できます。
 また、自動車の運転時に『急発進や急加速をやめる』などのエコドライブを実践することは、安全運転にもつながります。

発進時のエコドライブ

アクセルを少しゆっくり踏み込むだけで大きな効果があります。

燃費を向上させる「やさしい発進方法」(ふんわりアクセルeスタート)

  1. ブレーキからアクセルへひと呼吸おく感じで足を移します。
  2. アクセルに足を乗せる感じで踏み始めます。
  3. 速度の上昇とともに徐々に踏む力を増やします。
  4. 加速しすぎないように流れの速度になる手前で少し戻します。

ポイント

発進から5つ数えた時(5秒後)に時速20km毎時になるのを目安にゆっくり加速します。
速度の上昇に応じてエンジン音が高まるようにアクセルを踏み込みます。
回転計が装備されている場合は、2000rpm程度を越えないようにアクセルを踏み込みます。

走行時のエコドライブ

速度変動が増えるほど燃費が悪くなります。
低速走行を心がけましょう。

無用なブレーキ、速度変化を避けるコツ

  1. ひとつ先の動きを予測して運転します。
  2. ゆとりのある車間距離を保ちます。
  3. 上り坂では速度低下に注意します。

ポイント

一定速度で走行する場合の経済速度は40km毎時から60km毎時です。60km毎時以上は高速になるほど燃費は悪化します。

減速時のエコドライブ

機会の多い減速時、積み重ねが大切です。

減速時の燃料カット法

  1. アクセルを放してできるだけ惰性で進んだ後で停止位置はブレーキで調整します。
  2. 下り坂ではエンジンブレーキを使用し速度を抑えます。

ポイント

走行時にアクセルを踏まず、エンジンの回転数が高い場合は自動的に燃料の供給が停止されます。

運転操作以外の燃費改善法

  1. ムダなアイドリングはやめましょう
  2. 渋滞を避け、余裕をもった出発を
  3. エアコンの使用は適切に
  4. タイヤの空気圧をこまめにチェック
  5. 不要な荷物は積まないように
  6. 走行の妨げになる違法駐車はやめましょう
  7. 自分の燃費をはあくしましょう

関連リンク

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。