ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 道路 > 法面埋立や歩道の切り下げなどの道路に関する工事について

本文

法面埋立や歩道の切り下げなどの道路に関する工事について

更新日:2020年3月23日更新 印刷

道路に関する工事について

  車両出入りのための歩道切り下げ、ガードレールの撤去、法面埋立などの道路に関する工事を行う場合は、事前に、道路管理者の承認が必要です。
 (道路法第24条による。)
  *基準に適合していない場合は、承認が出来ない場合があります。

・承認工事の費用は申請者の負担にて行っていただきます。
・事前に道路敷地との境界立会を必要とする場合があります。
・道路敷地内に設置された施設の所有権は、道路管理者に帰属することになります。その帰属の対象となる施設は、基準に適合した構造にしていただきます。

  下記の例を参考にして下さい。
  また、詳しくは 用地課管理係(Tel:0942-44-5505)までお問い合わせ下さい。

例) 法面の埋め立て

例)法面の埋め立て

例) 歩道の切り下げ、ガードレール等の撤去

例)歩道の切り下げ、ガードレール等の撤去

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。