ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 医療 > 医療提供体制 > 医療機関等におけるサイバーセキュリティ対策について

本文

医療機関等におけるサイバーセキュリティ対策について

更新日:2021年10月9日更新 印刷

 近年、医療機関等では電子カルテシステムや地域医療情報連携ネットワーク等の普及が進み、情報通信技術は医療現場の多くで活用されています。
 一方で、医療機関を狙ったサイバー犯罪や、医療機関におけるコンピューターウイルスの感染なども発生しており、医療機関等におけるサイバーセキュリティ対策の充実は喫緊の課題となっています。

 各医療機関におかれましては、医療情報システムの保守会社等への連絡体制(サイバー攻撃を受けた疑いがある場合)や厚生労働省への連絡体制(当該サイバー攻撃により医療情報システムに障害が発生し、個人情報の漏洩や医療提供体制に支障が生じる又はそのおそれがある事案であると判断された場合)を確保されているか、ご確認ください。
 また、万が一、被害が発生した場合には、最寄りの警察署へ通報、相談してください。

【参考】

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)