ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > (5月14日措置終了)新型コロナウイルス感染拡大にかかる緊急事態措置について

本文

(5月14日措置終了)新型コロナウイルス感染拡大にかかる緊急事態措置について

更新日:2020年5月14日更新 印刷

 国が新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言を本県に行ったことに伴い、実施していました緊急事態措置は、令和2年5月14日に終了しました。

 具体的な緊急事態措置は以下の通りです。(緊急事態措置期間は令和2年4月7日~令和2年5月14日です。)


5月4日発表について(県民の皆さまに引き続きお願いしたいこと)

 ※5月4日発表では、緊急事態措置は5月31日まで延長すると発表していますが、5月14日に国によって緊急事態宣言が解除されたことに伴い、緊急事態措置は5月14日までに短縮されています。

4月24日発表について(大型連休における外出自粛をお願いします)

4月13日発表について(休業協力のお願い)

4月7日発表について(県民の皆さまへのお願い)

5月4日発表について(県民の皆さまに引き続きお願いしたいこと)

 本日、国は、5月7日から31日までの間、引き続き全国を「緊急事態宣言」の対象とし、本県を含む13の「特定警戒都道府県」については、「最低7割、極力8割程度の接触機会の低減」を目指して、「引き続き、これまでと同様の取組みが必要」であるとの基本的対処方針を明らかにしました。

 このため、県では、できるだけ早期の事態の収束を目指して、専門家の意見も踏まえ、引き続き、これまで実施してきた取組みを、5月31日まで延長することといたします。

 県民、事業者の皆様には、あらためて、ご理解とご協力をお願いいたします。

 (1)生活や健康の維持に必要な場合を除き、外出を控えること。なお、外出する場合も、人数を最小限に絞ること

  ※生活や健康の維持に必要な場合とは、医療機関への通院、食料品・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩などをいう。

 (2)不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいだ移動は、極力避けること

 (3)「密閉」、「密集」、「密接」の集団感染のリスクを高める「三つの密」を回避すること

 (4)手洗い・消毒、マスク、咳エチケット、人との距離の確保に努めること

 (5)感染の拡大につながるおそれのある催物(イベント)や「三つの密」のある集まりを自粛すること

 (6)事業者は、「出勤者数の7割削減」を目指し、在宅勤務(テレワーク)を推進すること。また、出勤の際にも、時差出勤、自転車通勤など、人との接触を低減すること

 (7)発熱や咳など、風邪の症状がある場合は、直接受診せず、保健所やかかりつけ医に事前に電話で相談すること

 (8)施設の休業等への協力

 博物館や美術館、図書館等の取扱いについては、一定期間(2週間程度)経過後の感染状況を踏まえ、また、各施設における感染防止対策が適切に行われているかを確認し、慎重に判断していきます。

4月24日発表について(大型連休における外出自粛をお願いします)

 福岡県内の新型コロナウイルスの感染者数は、500名を超え、依然として感染の拡大が続いている状況です。この事態を一刻も早く食い止めるためには、人と人との接触を最低7割、極力8割削減することが必要です。

 福岡県では、4月7日の「緊急事態宣言」を受け、県民の皆様に対し生活維持に必要な場合を除いた外出自粛等、4月14日からは、県内の事業者の皆様に対し休業等についてお願いしています。

 さらなる感染拡大を防ぐため、特にゴールデンウィーク期間中において、潮干狩りや離島での釣り、バーベキューといったレジャーや、不要不急の帰省や旅行などについて、まん延防止の観点から絶対に避けていただくよう、県民の皆様に改めてお願いします。

 加えて、日常生活の維持のために外出する場合でも、必要最少人数で行くなど、3つの密を避ける行動をお願いします。

 県民一人一人の行動がご自身はもとより、家族、周りの人の命を守ることになります。事態の収束に向けて、ぜひご理解のうえ、ご協力いただきますようお願いします。

小川知事署名 

4月13日発表について(休業協力のお願い)

〇 本県では、県民の皆様の生命と健康を守ることを最優先に、感染とその拡大防止のため、4月7日の「緊急事態宣言」を受け、それまでの週末の不要不急の外出自粛、夜間における接客を伴う飲食店、繁華街への外出の自粛等に加え、生活維持に必要な場合を除いた外出自粛等について、県民の皆様へお願いしてまいりました。

〇 しかしながら、現在の感染動向を踏まえると、これまでの外出自粛の取組みに加え、人と人との接触の機会をさらに徹底的に低減する取組みが必要です。

〇 感染の拡大を一刻も早く食い止めるためには、今が大変重要な時期であり、県民の皆様の命と健康がかかっています。県民一人一人の行動が家族をはじめ、周りの人の命を守り、私たちのふるさととこの日本の国を守ることになります。

〇 事業者の皆様、そして県民の皆様には、大変なご不便、ご迷惑をおかけしますが、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項の規定に基づき、別添のとおり、事業者の皆様に対し、休業等についてご協力いただくよう要請することといたしました。

【要請等の概要】
<区域>福岡県全域
<期間>令和2年4月14日(火曜日)から5月6日(水曜日)まで
<基本的に休止を要請する施設>
・特措法施行令第11条に規定する施設のうち、社会生活を維持する上で必要な施設等を除いた施設
※上記に該当しないが、使用停止が望ましい施設についても、特措法によらない施設の使用停止の協力を依頼

休業等協力要請 [PDFファイル/197KB]

※5月4日発表において、休業等協力要請は5月31日まで延長されました。

〇 事態が収束に向かうか否かは、県民の皆様一人一人の行動にかかっていますので、ご理解のうえ、ご協力いただきますようよろしくお願いします。

4月7日発表について(県民の皆さまへのお願い)

〇県では、県民の皆様の生命と健康を守ることを最優先に、感染とその拡大の防止のため、週末における不要不急の外出の自粛などについてお願いしてきましたが、本県の患者数は急速に増加し、病院等での集団感染も発生しています。
 このような状況を踏まえ、4月7日、国は、福岡県に対し「緊急事態宣言」を行いました。

〇 「緊急事態宣言」を受けて、5月6日までの間、緊急事態措置を実施していくこととし、県民の皆様には以下についてお願いします。

 (1) 生活の維持に必要な場合を除き、外出を控えること
※生活の維持に必要な場合とは、医療機関への通院、食料、医薬品、生活必需品の買い出し、職場への出勤、屋外での運動や散歩などをいいます。

 (2) 職場への出勤は、外出自粛の要請の対象としないが、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤など人との交わりを低減すること

 (3) 不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいで人が移動することは、まん延防止の観点から、極力避けること
なお、都市封鎖(ロックダウン)とは異なるものです。

 (4) 感染の拡大につながるおそれのある催物(イベント)開催を控えること

 (5)飲食料品や生活必需品の小売店等生活に必要な事業は継続されるため、食料・医薬品や生活必需品の買い占め等をしないこと

併せて、以下について引き続きご協力をお願いします。

 (1) 換気の悪い「密閉空間」、多数が集まる「密集場所」、間近で会話や発声をする「密接場面」、これらの集団感染のリスクを高める3条件が同時に重なることを回避すること

 (2) 手洗いの励行や咳エチケットに努めること

 (3)新型コロナウイルスの感染症を疑った場合は、保健所に設置している「帰国者・接触者相談センター」へ電話で相談すること

 (4)発熱や咳など、風邪の症状があり、かかりつけ医を受診する際には、直接受診せず、必ず事前に電話で相談すること

 (5)海外の渡航について、外務省の勧告・指示に従うこと


〇 今、感染と感染の拡大を防ぐ、大変重要な時期、岐路に立っています。県民お一人お一人の自らを守り、周りの人を守る行動が、1週間後、2週間後のこの地域、そして日本の状況を決めることになります。
県民の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

福岡県における新型コロナウイルス感染症の患者の発生状況や県における取組については、「新型コロナウイルス感染症ポータルページ」をご覧ください。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)