ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > 「福岡コロナ特別警報」の発動及び国への緊急事態措置の適用の要請

本文

「福岡コロナ特別警報」の発動及び国への緊急事態措置の適用の要請

更新日:2021年8月5日更新 印刷
ひとりひとりの行動が福岡を救う。日本を救う。

「福岡コロナ特別警報」の発動及び国への緊急事態措置の適用の要請について

8月4日に、新規陽性者数が過去最多の752人となりました。こうした状況を踏まえ、本日、県の新型コロナ対策本部を書面開催し、「福岡コロナ特別警報」の発動、あわせて国へ本県に緊急事態措置を適用するよう要請したので、お知らせします。(詳細は、「福岡コロナ特別警報の発動について」 [PDFファイル/230KB]を参照)

 

【感染状況】

陽性者数

新規陽性者数が100人を超えてから過去最多になるまで、第4波では1か月(4/14時15分6人→5/12:634人)でしたが、今回は2週間(7/21時13分6人→8/4:752人)で過去最多となりました。第4波を大きく上回るペースで急増しています。

人数の推移

直近1週間の人口10万人当たりの数では、第4波(5/12時点)は、前週と比べて約1.4倍(44.4人→62.3人)でしたが、第5波は、前週と比べて約2.5倍(26.7人→66.6人)となっています。

地域別推移

地域別に見ると、直近3日間の人口10万人当たりの新規陽性者数は、前回の対策本部会議時点である7月30日と比較すると、北九州地域を除いてすべての地域で増加しています。

入院者数

入院者数は、新規陽性者数の急増に伴い、このところ増加傾向です。8月4日時点で1週間前の約2倍(241人→475人)になっています。重症者数が大きく増加する傾向は見られませんが、中等症者数は1週間で約2.5倍(70人→173人)に急増しています。

 

【コロナ警報の指標の状況】

コロナ警報の基準

福岡コロナ警報に照らしてみると、

(1)「新規陽性者数」は、7日移動平均の増加傾向が続く中、3日移動平均が8月4日時点で540人。特別警報発動の目安180人を大幅に上回っています。

(2)「病床使用率」は、8月4日時点で33.6%。特別警報発動の目安30%を上回っています。

(3)「重症病床使用率」は、8月3.日時点で4.9%。警報発動の目安である10%を下回っています。

 

国の指標

また、国の分科会が示すステージ判断指標を見ても、7つの指標のうち4つがステージ4相当に該当しています。

加えて、

  • 64歳以下の方のワクチン接種は開始されて間がなく、引き続き新規陽性者の大幅な増加や重症化が懸念
  • 感染力の強いデルタ株の陽性割合が、7月上旬の16.4%から直近では56.7%に上昇
  • 中等症者数の急増に伴い、今後、重症者数の増加も懸念
  • 8月7日からの3連休やお盆など、人の往来が増える時期を迎える

こうしたことから、現在の傾向が継続すれば、これまでに経験したことのない深刻な感染状況となるおそれがあります。また、入院者数のピークは新規陽性者数のピークから遅れて到来する傾向にあり、今後、医療提供体制がひっ迫することが懸念されます。

コロナ特別警報発動

このため、専門家の意見や市町村との協議を踏まえて総合的に判断し、本日、「福岡コロナ特別警報」を発動します。

 

【国への緊急事態措置の適用の要請】

あわせて、現在の状況が、

・新規陽性者数は、前回、緊急事態措置の適用が決定された5月7日時点(直近1週間の人口10万人当たりの新規陽性者数は46.1人)よりも感染状況がすでに悪化している

・地域的に見ても、まん延防止等重点措置区域に限らず、感染拡大が県内のほぼ全域に拡大し、新規陽性者数はほぼ全ての地域でステージ4相当である

・病床使用率はステージ3相当に留まっているが、現在の状況が続けば8月9日にはステージ4相当になるおそれがある

・今後、中等症者が重症化することにより重症病床を圧迫する懸念がある

緊急事態措置の要請

などを踏まえ、本日、国に緊急事態措置の適用について要請を行いました。

 

【今回の措置内容】

県有施設閉館

「福岡コロナ特別警報」の発動に伴い、県有施設については、8月6日以降、原則閉館とします。
その他の措置については、短い期間で措置内容を変更すると事業者の皆さまに混乱を生じさせることになるため、緊急事態措置が適用されるまでの間、現在の内容を継続し、国の対応を見ながら、必要に応じてまん延防止等重点措置の措置区域の拡大を検討します。

 

【県民及び事業者の皆さんへのお願い】

先ほども申し上げましたが、感染力の強いデルタ株の陽性割合が、5割を超え、感染が急拡大しています。

不要不急の外出自粛

県外への不要不急の外出自粛

これから3連休、盆の期間に入りますが、県民の皆さまには改めて、日中を含め不要不急の外出の自粛、特に20時以降の外出を自粛してください。また、都道府県をまたぐ不要不急の移動の自粛を徹底してください。

飲食店の利用

飲食の際は、店でも家でも、少人数、短時間で、大声ださず、会話はマスク着用など感染防止対策の徹底をお願いします。
また、バーベキューなど、屋外の飲食においても感染防止対策を徹底してください。

飲食店への要請

飲食店の皆さまには、措置区域において、本日から営業時間を20時までとし、酒類の提供はしないようにお願いします。(8月4日でまん延防止等重点措置への移行準備期間は終了)

事業者へのお願い

事業所でのクラスターが発生しています。休憩室、喫煙室など居場所の切り替わりでの感染防止対策を徹底し、事業者の皆さまには、従業員の皆さんへ職場の内外を問わず感染防止対策を徹底するよう呼びかけてください。

県民の皆さまには、御不便をおかけしますが、ご自身だけでなく、家族や友人、職場の同僚など大切な方々を守るためにも、慎重かつ責任ある行動をあらためてお願いします。

事業者の皆さまには、御苦労をおかけしますが、飲食店に対する協力金の先渡給付や月次支援金など支援をしてまいりますので、御活用いただき、引き続き、御理解・御協力くださるようよろしくお願いします。

まさに正念場です。これ以上の感染拡大を何としても食い止めなければなりません。皆さまのご協力をお願いします。


福岡県における新型コロナウイルス感染症の患者の発生状況や県における取組については、「新型コロナウイルス感染症ポータルページ」をご覧ください。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)