ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > 久留米市内の飲食店等への営業時間の短縮の要請について(4月22日発表)

本文

久留米市内の飲食店等への営業時間の短縮の要請について(4月22日発表)

更新日:2021年4月22日更新 印刷
ひとりひとりの行動が福岡を救う。日本を救う。

 本日、新型コロナウイルスの県対策本部会議を開催し、久留米市内の飲食店の皆さんに営業時間の短縮をお願いすることを決定したのでお知らせするとともに、ご協力をお願いします。
 本県の新規陽性者数は、高い水準で推移しており、昨日200人を超え、本日も268人となっています。直近1週間の合計でも、前回の対策本部会議の時点(4月18日の数値)から、約1.5倍(754人→1,164人)となり、感染がさらに拡大しています。
 地域別に見ると、久留米市での増加が顕著となっています。久留米市の本日の新規陽性者は、これまでで最も多い51人となり、直近1週間の合計をその前の週の合計と比較すると、4倍(34人→137人)となっています。人口10万人当たりでは、11.2人から45.3人に増加し、福岡市を超えています。感染経路については、会食によるものが増加(3月:1%→4月:29%)しています。

居住者地域別新規陽性者数


 県では、久留米市を含む県南地域の感染状況について、久留米市と緊密に連絡をとりながら、状況を注視していました。久留米市は、筑後地域最大の繁華街を抱えており、市の周辺地域に及ぼす影響が大きく、これ以上の感染拡大は何としても食い止めなければなりません。久留米市長と協議の結果、福岡市内に加え、久留米市内の飲食店の皆さんに営業時間の短縮を要請することを決定しました。(詳細は新型コロナウイルス感染症への今後の対応 [PDFファイル/1.8MB]参照)

 

久留米市の飲食店への時短要請

 期間は4月25日(日曜日)から5月19日(水曜日)まで 営業時間は5時から21時まで、酒類の提供は11時からとし、オーダーストップを20時30分までとします。
要請に応じた店舗へは、協力金を支給します。中小企業は売上高に応じて1日、2.5万円~7.5万円。大企業は売上減少額に応じて1日最大20万円です。

外出自粛の呼びかけ

 変異株の陽性者の増加が続いており、感染経路不明者の割合も5割を超え、市中感染の状況にあると言わざるを得ません。県民の皆さんには、これ以上の感染の拡大を防ぐため、不要不急の外出自粛を守っていただくようお願いします。
 また、出勤等について、昨日、経済団体とWEB会議を行い、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤等の取り組みの協力な推進をお願いしたところです。
 県民の皆さま、事業者の皆さまのご協力をお願いします。


福岡県における新型コロナウイルス感染症の患者の発生状況や県における取組については、「新型コロナウイルス感染症ポータルページ」をご覧ください。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)