ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > 新型コロナウイルス感染症に対応した入院医療提供体制について

本文

新型コロナウイルス感染症に対応した入院医療提供体制について

更新日:2022年11月19日更新 印刷

 県では、県民の皆様の安全・安心をより一層確保するため、医療提供体制の強化に取り組んでおり、新型コロナウイルス感染症陽性患者を受け入れるための病床及び新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を受け入れるための病床について確保しています。
 当該病床の確保状況については、以下の一覧のとおりです。
 なお、直接、医療機関へのお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いします。

 新型コロナウイルス感染症病床の確保状況一覧 [PDFファイル/172KB]

地域別病床の確保状況
地域名 医療機関数 確保病床数
全体 うち重点医療機関

うち疑い患者
受入協力医療機関

陽性患者用 疑い患者用
福岡地域 63 21 23 928床 52床
北九州地域 36 13 15 482床 38床
筑豊地域 16 190床 9床
筑後地域 30 13 12 424床 30床
合   計 145 53 55 2,024床 129床

※重点医療機関:「新型コロナウイルス感染症重点医療機関」に県で指定する医療機関

※疑い患者受入協力医療機関:「新型コロナウイルス感染症疑い患者受入協力医療機関」に県で指定する医療機関

※確保病床数:新型コロナウイルス感染症患者の受入要請があれば患者受入を行うこととして、県で確保している最大の病床数。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)