ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種に関する情報

本文

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種に関する情報

更新日:2021年4月16日更新 印刷
ひとりひとりの行動が福岡を救う。日本を救う。

ワクチン接種の目的

新型コロナウイルス感染症による死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果としてコロナウイルス感染症のまん延の防止を図ることを目的としています。

接種が受けられる時期

  接種を行う期間は、令和3年2月17日から令和4年2月末までの予定です。

  最初は、医療従事者等への接種が順次行われます。その後、高齢者、基礎疾患を有する方等の順に接種を進めていく見込みです。

接種対象者及び優先接種順位

 現時点では、以下のような順でワクチンを受けていただく見込みです。(以下厚生労働省HPより抜粋)

 (1)医療従事者等
 (2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
 (3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
 (4)(1)~(3)以外の方

接種回数と接種の間隔

 ファイザー社のワクチンは、2回の接種が必要です。

 ファイザー社のワクチンは、通常、1回目から3週間後(3週間後の同じ曜日)に2回目を受けていただくことになっています。
 1回目の接種から3週間を超えた場合、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

接種を受ける際の同意の取得

新型コロナワクチンの接種は、強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただくことになります。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
また、職場で全員に必ず接種するよう求めたり、周囲の方に接種を強制したりすることのないようお願いします。

接種費用

今回実施する新型コロナウイルスワクチン接種は無料です。(全額公費)

行政機関をかたった「なりすまし」にご注意ください!

市区町村が電話やメールで個人情報を求めることはありません。詳しくは便乗悪質商法の注意喚起!(消費者庁ホームページ)(新しいウインドウで開きます)をご確認ください。

ワクチン接種の場所について(医療従事者等を除く)

原則として、居住地(住民票所在地)の市町村で、ワクチン接種をしていただきます。
ただし、長期の入院者、長期の施設入所者、単身赴任者など、やむを得ない事情がある場合には、例外として、居住地以外の市町村でワクチン接種を受けることができます。

接種場所の原則と例外について(厚生労働省作成資料) [PDFファイル/251KB]

 

医療従事者等のワクチン接種実績について

 新型コロナウイルスワクチンの接種実績(回数)について

  47,605回(3月30日時点)

 ※接種回数(累計)は,各施設から報告があった実績を集計しています。

接種後の副反応

新型コロナワクチンに限らず、接種後にはワクチンが免疫を付ける反応を起こすことによる副反応が生じる可能性があります。副反応としては、接種部位の痛み、発熱、頭痛などが起こる可能性があり、治療を要したり、障がいが残るほどの副反応は、極めて稀ではあるものの、ゼロではありません。(予防接種による健康被害は救済制度の対象です。)
今回新たに承認されたワクチンの国内治験では、ワクチンを2回接種後に、接種部位の痛みは約80%に、37.5度以上の発熱が約33%、疲労・倦怠感が約60%の方に認められています。また、ワクチンに含まれる成分に対する急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーの発生頻度は、市販後米国で100万人に5人程度と報告されています。
日本での接種では、ワクチン接種後15~30分経過を見て、万が一アナフィラキシーが起きても医療従事者が必要な対応を行います。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。
新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

現在の救済制度の内容については、予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)(新しいウインドウで開きます)をご参照ください。

ワクチン接種の安全性の評価について

国は、2月17日から医療従事者等約4万人を対象とした先行ワクチン接種を開始し、そのうち約1~2万人を対象に、ワクチン接種後の一定期間(約1か月)に起こった症状・疾病に関する調査「先行接種者健康状況調査」を実施しており、国民に情報提供しています。

1回目接種後健康観察日誌集計の中間報告(2021年3月12日)(厚生労働省HP) [PDFファイル/1.27MB]

問い合わせ先

市町村、福岡県、国が、それぞれ、コールセンターを設置し、ワクチン接種等に関する様々な疑問や不安にお答えします。

 

副反応等に係る専門的な相談に関する問い合わせ

※こちらの窓口はワクチン接種後の体調不良など医学的な相談窓口です。
 ワクチン接種の市町村窓口が繋がらないという問い合わせは、
 医学的な相談を必要とする方の問い合わせの機会を損なうことになりますので、
 ご遠慮ください。

福岡県新型コロナウイルスワクチン専用ダイヤル 
   電話番号:0570-072972(ナビダイヤル)※通話料がかかります
    受付時間:24時間(土日・祝日も実施)

(外国語で相談を希望される場合の窓口)

※19言語対応:英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、ネパール語、ミャンマー語、タガログ語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、マレー語、クメール語、モンゴル語、シンハラ語
   電話番号:092-687-4884
    受付時間:24時間(土日・祝日も実施)
   

接種会場、日時、接種券などに関する一般的な問い合わせ

(お住まいの市町村のコールセンター)

福岡県内市町村コールセンター一覧 [Excelファイル/14KB]

参考

新型コロナワクチンについて (厚生労働省ホームページ)(新しいウインドウで開きます)

新型コロナワクチンについてのQ&A(厚生労働省ホームページ)(新しいウインドウで開きます)

接種についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ)(新しいウインドウで開きます)

ワクチン開発と見通し(厚生労働省ホームページ)(新しいウインドウで開きます)

新型コロナワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省ホームページ)(新しいウインドウで開きます)

新型コロナワクチンについて(首相官邸ホームページ)(新しいウインドウで開きます)

県内市町村の新型コロナワクチン接種形態一覧(令和3年4月6日現在) [PDFファイル/98KB]

県内市町村の高齢者接種における優先順位について(令和3年4月8日時点) [PDFファイル/141KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)