ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > 新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

本文

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

更新日:2022年9月8日更新 印刷

新型コロナウイルス感染症患者と診断された方の流れ

PCR検査等の結果が陽性となり、新型コロナウイルス感染症と診断されますと、「感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づき、医療機関から保健所に発生届が提出されます。

その後、保健所から発生届に記載の電話番号へ、重症化リスクに応じて、SMS(ショートメッセージ)又は、電話により連絡を行っております。詳細については、下記リンク「自宅での療養となられた方向けのページはこちら」をご確認ください。

 

入院治療

高齢者や基礎疾患のある方、その他状況に応じて入院治療が必要とされた方は入院となります。

入院先や病院までの移動手段は保健所から連絡が入ります。

 

宿泊療養・自宅療養

無症状、または医学的に症状が軽い方については、県が用意する宿泊施設や自宅で安静・療養を行っていただいております。

宿泊療養施設への入所については、お住いの保健所への申し込みになります。下記リンク「自宅での療養となられた方向けのページはこちら」の電話番号にお尋ねください。

その他の詳細につきましては、それぞれ、下記をご参照ください。

陽性が判明した場合の入院・宿泊療養・自宅療養の流れ [PDFファイル/873KB]

宿泊療養施設での療養となられた方向けのページはこちら

自宅での療養となられた方向けのページはこちら

診断された方の療養期間

令和4年9月7日から新型コロナウイルス感染症患者の療養期間は以下のとおりです。

(1) 有症状者(人工呼吸器等による治療を行った場合を除く)

 (a)現に入院(高齢者施設に入所)していない者

  発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合には8日目から解除可能となります。

  ただし、10日間が経過するまでは、

  • 検温などご自身による健康状態の確認
  • 高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること
  • マスクを着用すること等

  自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

 (b)現に入院(高齢者施設に入所)している者

  発症日から10日間が経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合に11日目から解除可能となります。

 

(2)無症状患者(無症状病原体保有者)

 検体採取日から7日間を経過した場合には8日目から解除可能となります(従来から変更なし)。加えて、5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、6日目から解除可能となります。ただし、7日間が経過するまでは

  • 検温などご自身による健康状態の確認
  • 高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること
  • マスクを着用すること等

自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

令和4年9月7日付事務連絡 「新型コロナウイルス感染症の患者に対する療養期間等の見直しについて」 [PDFファイル/99KB]

 

 

【参考】陽性者の療養期間について(数え方の例)

 

陽性者の療養期間について(数え方の例) [PDFファイル/289KB]

 

その他

新型コロナウイルスの後遺症とみられる症状で、お悩みを抱えていらっしゃる方は、下記後遺症相談窓口のページをご参照ください。

後遺症診療相談窓口のページはこちら

 

後遺症チラシ表後遺症チラシ裏

後遺症診療相談窓口リーフレット [PDFファイル/1.78MB]

 

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)