ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > 新型コロナウイルス感染症ポータルページ

本文

新型コロナウイルス感染症ポータルページ

更新日:2020年3月31日更新 印刷

 感染が県内すべての地域に広がっています。県民のみなさまにおかれましては、引き続き、手洗いや咳エチケットに努めていただくなど、落ち着いて行動してください。

 特に、集団感染のリスクを高める3条件、「密閉」、「密集」、「密接」が同時に重なることを、県民のみなさま、お一人お一人が回避していただくようお願いします。

 

 県は、引き続き、県民のみなさまへの情報提供と、相談対応を徹底してまいります。

 以下は、本ページでご案内している情報の一覧(目次)となっております。お探しの情報をクリックしてください。

1.県民のみなさまへ
(1)LINE公式アカウントによる新型コロナウイルスに関するパーソナルサポートを開始しました
(2)新型コロナウイルス感染症とは
(3)新型コロナウイルス感染症の患者の発生状況について
 [1]福岡県内での新型コロナウイルス感染症検査実施件数
 [2]福岡県内での発生状況
 [3]国内外での発生状況
(4)日常生活で気を付けること
(5)新型コロナウイルス感染症が疑われる場合の受診・相談について
 [1]医療機関の受診に関する相談(帰国者・接触者相談センターの連絡先はこちら)
 [2]一般的なことに関する相談
 [3]Consultation in Foreign Languages(外国語で相談する場合)
2.新型コロナウイルス感染症が疑われる場合等の対応(医療機関、宿泊業者、旅行業者のみなさま)
3.県の取り組みについて
(1)県有施設の臨時休館等について
(2)県主催のイベント・行事などについて
(3)県内の学校等での対応について
(4)新型コロナウイルス対策本部会議の開催状況
4.県民の方、事業者の方への支援情報(助成金、相談窓口情報等)

※ 「4.県民の方、事業者の方への支援情報(助成金、相談窓口情報等)」は本ページとは別のページに掲載しています。

  • 新型コロナウイルス感染症の影響による、休暇、休業、解雇等の労働に関する相談
  • 小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるを得なくなった保護者の皆さんへの助成金情報
  • 事業者(農林漁業者を含む)の方の相談窓口情報、助成金情報

上記の情報を含む、県民の方、事業者の方への各種支援情報、お知らせ等を掲載しています。

1.県民のみなさまへ

(1)LINE公式アカウントによる新型コロナウイルスに関するパーソナルサポートを開始しました

 県では、新型コロナウイルスの感染とその拡大防止のため、県民のみなさまに必要な情報をお届けし、適切な行動を取っていただけるよう、福岡市と共同で、LINE公式アカウント「福岡-新型コロナ対策パーソナルサポート」を3月27日(金曜日)から開設しました。

 本アカウントと友だちになり、ご自身の体調などを入力いただくことで、その状況に合わせた、新型コロナウイルスに関する情報をお知らせします。

 下のバナーから友だち追加いただけます。

 LINEアカウントの友だち追加ボタン

 詳しくは、一人一人に合わせた新型コロナウイルス対策をLINEでサポートしますをご参照ください。

※収集・蓄積されたデータは、流行状況などの実態把握のために活用されます。また、大学等の研究機関でコロナウイルスの性質などについて分析を行い、感染防止対策を検討するために活用されます。

※県民のみなさまから提供された情報は、個人が特定されるような形で公表することはありません。

(2)新型コロナウイルス感染症とは

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。

 感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

 新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。

  • 飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
  • 接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

(3)新型コロナウイルス感染症の患者の発生状況について

[1] 福岡県内での新型コロナウイルス感染症検査実施件数

3月31日(火曜日)9時現在で、福岡県内において計1,069件(1,053名)の検査を実施済み

 (陽性患者の経過観察のための検査件数を除く。)

 内訳は以下のとおりです。

 ・陽性   29件(  29名)

 ・陰性  1,040件( 1,024名)

【参考】検査件数の日別のデータなどは以下のページでご覧いただけます。

県内における新型コロナウイルス感染症の感染動向等(新しいウインドウで開きます)

[2] 福岡県内での発生状況

3月30日(月曜日)に、福岡県内で27~29人目の患者の発生報告がありました。

患者29

3月30日、北九州市内で29例目の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。
概要
令和2年3月30日、市内A医療機関から北九州市保健所に新型コロナウイルス感染症の疑い患者について相談があり、北九州市保健環境研究所にて検査を実施したところ陽性と判明した。
患者情報
・年齢、性別等:60歳代、男性、小倉北区在住
・その他:海外渡航歴や新型コロナウイルス感染症患者との明確な接触歴は不明。
経過
・3月23日 基礎疾患治療のため、市内A医療機関に入院。
・3月27日 発熱(37℃台)あり。
・3月28日 解熱(36℃台)。
・3月29日 発熱(39℃~42℃)あり。
    市内A医療機関から本市保健所に相談あり。
・3月30日 本市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。
現在の状況 
・市内A医療機関に入院中
 (状態は安定しているが、基礎疾患の影響で話ができない)。
・転院先を調査中
 (基礎疾患があり、その管理と感染症治療ができることが条件)。

行政対応
・患者に対する健康調査(行動歴、接触者を含む)等を実施中。
・市内A医療機関に対する、消毒の指導及び濃厚接触者を調査中。
患者行動歴
・行動歴は調査中。

濃厚接触者
・調査中。

患者27、28

3月30日、福岡市内で27,28例目の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。

患者概要(患者27例目)

概要
•年齢・性別等:20歳代女性(福岡市南区在住)
•症状等:なし
•職業:無職
•その他:最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯
•3月29日,陽性者の濃厚接触者として,帰国者・接触者外来を受診し,PCR検査実施。
•3月30日,検査の結果,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。
患者行動歴
•調査中。
濃厚接触者
•同居の家族はPCR検査結果,陰性。
•その他の濃厚接触者については,調査中。

患者概要(患者28例目)

概要
•年齢・性別等:1歳未満:女児(福岡市南区在住)
•症状等:発熱38℃台(3月30日朝より)
•27事例の子

患者26

3月29日、福岡県内で26例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。この患者は、3月27日に公表した県内13例目の患者の家族です。

患者の概要

・年代、性別:20代、男性
・居住地:宗像市
・職業:無職
・症状、経過、行動歴:
 3月23日 広島市の友人宅に滞在中、発熱(37.2℃)、筋肉痛、倦怠感が出現。
 3月24日 広島市のA医療機関を受診、アデノウイルス感染症との診断。
 3月25日 解熱。
(3月27日 父親が新型コロナウイルス陽性判明。県内の感染症指定医療機関に入院。)
 3月28日 父親が、当該患者に宗像・遠賀保健福祉環境事務所の帰国者・接触者相談センターに相談するよう指示し、同事務所に来所。その経路は以下のとおり。
 友人宅-徒歩-新井口駅-JR-広島駅-新幹線-小倉駅-JR-東郷駅-徒歩-同事務所-徒歩-自宅
 3月29日 PCR検査を実施。新型コロナウイルス陽性が判明し、県内の感染症指定医療機関に入院。
※海外渡航歴なし。
※発症後は終日マスクを着用。
・現在の症状:入院中(症状なし)

濃厚接触者
 広島市の友人。A医療機関については調査中。

患者23、24、25

3月29日、福岡市内で23,24,25例目の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。

患者概要(患者23例目)

・年齢・性別等:30歳代、男性(福岡市南区在住)
・症状等:発熱、肺炎、軽度の咳
・職業:自営業
・その他:調査中

患者確認までの経緯

・3月21日 発熱38℃台、咳あり。
・3月28日 発熱、咳が続くため、A医療機関を受診。保健所に連絡のうえ、B医療機関を受診。PCR検査実施。
・3月29日 陽性であることが判明。C医療機関へ入院。

患者行動歴

・発症以降、自宅と事業所を往復。

濃厚接触者

・同居の家族(妻・子3名)は特定。濃厚接触者は妻のみ。
・その他の濃厚接触者については、現在調査中。

患者概要(患者24例目)

・年齢・性別等:60歳代、男性(福岡市博多区在住)
・症状等:発熱、肺炎
・職業:無職

患者確認までの経緯

・3月8日からタイに滞在
・3月25日 帰国(羽田-福岡-地下鉄)
・3月26日 発熱38℃台。
・3月28日 発熱が継続するため、A医療機関を受診。CT検査の結果、肺炎の所見あり。保健所に連絡のうえ、B医療機関を受診。PCR検査実施。(A、B医療機関受診時は、マスクを着用)
・3月29日 陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

・タイの空港からマスク着用。帰国後、外出時は必ずマスクを着用。
・発症後、散歩と受診以外の外出なし。

濃厚接触者

・同居の家族(妻)は特定。濃厚接触なし。
・その他の濃厚接触者なし。

患者概要(患者25例目)

・年齢・性別等:50歳代、女性(福岡市中央区在住)
・症状等:発熱、倦怠感
・職業:自営業
・その他:調査中

患者確認までの経緯

・3月24日 発熱38℃台。
・3月27日 発熱が続くため、A医療機関に相談。保健所に連絡のうえ、帰国者・接触者外来を受診。CT検査の結果、肺炎の所見ある。(A医療機関には、マスクを着用し、自家用車で受診)。
・3月28日 PCR検査実施。
・3月29日 検査の結果、陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴
・調査中。

濃厚接触者
・家族を含め、濃厚接触者については、現在調査中。

患者22

北九州市内で22例目の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。

概要
令和2年3月28日、市内B医療機関から北九州市保健所に新型コロナウイルス感染症の発生届出(疑似症患者)があり、北九州市保健環境研究所にて検査を実施したところ陽性と判明した。

患者情報
・年齢、性別等:50歳代、女性、北九州市八幡西区在住
・職業:自営業

経過
・3月11日~18日 スペイン・ポルトガルに滞在。
・3月19日 北九州空港から自宅へ自家用車で帰宅。
・3月24日~ 咽頭痛あり。
・3月25日 下痢あり。
・3月26日 市内A医療機関を受診。夕方から発熱(37℃)あり。
・3月27日 夜間に発熱(38.7℃)。
・3月28日 家族が保健所に相談し、帰国者・接触者外来である市内B医療機関を受診。胸部CTにて肺炎像あり。本市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。

現在の状況 
県内の感染症指定医療機関に入院(状態は安定している。)

行政対応
患者に対する健康調査(行動歴、接触者を含む)を実施中。

患者行動歴
・海外渡航歴あり。
・その他の行動歴については調査中。

濃厚接触者
・同居の家族あり。
・その他の濃厚接触者については調査中。

患者21

3月28日(土曜日)、県内で21例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。

患者の概要
・年代、性別:20代、女性
・居住地:筑後市
・職業:大学生
・症状、経過、行動歴:
3月 5日 福岡空港から仁川空港を経由し、ヒースロー空港に到着。
3月 5日~13日 イギリス、フランス、スペイン、ドイツを旅行。
3月14日 成田空港を経由し福岡空港に到着。空港から自家用車で帰宅。
3月19日 咽頭痛が出現(3日間で治まる)。
3月21日 自家用車で山口県下関市の実家に帰省。
3月22日 鼻汁、鼻閉が出現。
3月26日 自宅に帰宅(自家用車を使用)。鼻炎のためA医療機関を受診。
3月27日 A医療機関から南筑後保健福祉環境事務所の帰国者・接触者相談センターに連絡があり、帰国者・接触者外来を受診し、胸部X線で肺炎像あり。
3月28日 PCR検査を実施。新型コロナウイルス陽性が判明し、県内の感染症指定医療機関に入院。
※帰国時からマスクを着用。医療機関の受診は、自家用車を使用。
・現在の症状:入院中(発熱なし)

濃厚接触者
・調査中。
・A医療機関の濃厚接触者なし。念のため医療従事者等9名を明日29日に検査を実施予定。

患者17,18,19,20

福岡市内で17、18、19、20例目の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。

患者の概要(17例目)
・年齢、性別等:30歳代、男性(福岡市博多区在住)
・症状等:肺炎
・職業:自営業
・その他:調査中

患者確認までの経緯
・3月21日 頭痛、倦怠感あり。
・3月23日 発熱38℃台。
・3月24日 医療機関Aを受診。自宅療養を指示される。
・3月25日 医療機関Bを受診。CT検査の結果、肺炎の所見あり。
・3月28日 検査の結果、陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴
・調査中

濃厚接触者
・同居の家族は特定し、調査中。
・その他の濃厚接触者については、現在調査中。
患者の概要(18例目)
・年齢、性別等:30歳代、男性(福岡市中央区在住)
・症状等:発熱、倦怠感
・職業:調査中
・その他:調査中

患者確認までの経緯
・3月24日 悪寒。
・3月25日 悪寒、発熱39℃。医療機関Aを受診。
・3月27日 発熱が継続するため、医療機関Aを再受診。保健所に連絡のうえ、医療機関Bを受診。PCR検査実施。
・3月28日 陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴
・調査中。

濃厚接触者
・家族を含め、濃厚接触者については調査中。

患者の概要(19例目)
・年齢、性別等:60歳代、男性(福岡市南区在住)
・症状等:倦怠感、肺炎
・職業:会社員
・その他:最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯
・3月23日 発熱38℃台、軽度の咳。
・3月25日 発熱が続くため、医療機関Aを受診。
・3月27日 発熱37℃台が続くため、医療機関Bを受診。CT検査の結果、肺炎の所見があり。PCR検査実施。
・3月28日 陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。
(医療機関A、B受診時は、マスクを着用。)

患者行動歴
・調査中。

濃厚接触者
・同居の家族を特定し、調査中。
・その他の濃厚接触者については、現在調査中。

患者の概要(20例目)
・年齢、性別等:70歳代、男性(福岡市西区在住)
・症状等:発熱、咳、肺炎
・職業:自営業
・その他:調査中

患者確認までの経緯
・3月14日 発熱あり。医療機関Aを受診。
・3月21日 熱感続くため、医療機関Aを再受診。レントゲン検査にて、肺炎の所見あり。
・3月27日 咳出現、医療機関Bを受診。CT検査の結果、肺炎の広がりあり。保健所に連絡のうえ、帰国者・接触者外来を受診。PCR検査実施。
・3月28日 陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴
・調査中。

濃厚接触者
・同居の家族を特定し、調査中。
・その他の濃厚接触者については、現在調査中。

患者14,15,16

3月27日(金曜日)福岡市内で14、15、16例目の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。

患者の概要(14例目)
・年齢、性別等:20歳代、男性(福岡市博多区在住)
・症状等:咳
・職業:会社員
・その他:最近の海外渡航歴あり

患者確認までの経緯
・語学研修のため、2019年12月30日より米国滞在。滞在先では外国籍1名と同室。(帰国1週間前から同室の方に咳症状あり)。
・3月20日 帰国(羽田~福岡~タクシー)。帰国後は、会社命令で自宅待機。
・3月21日 発熱39度、倦怠感あり。
・3月24日 発熱39度、倦怠感が再発。
・3月26日 発熱39度が継続したため、本人が保健所へ連絡。帰国者・接触者外来を受診。(マスク着用)PCR検査実施(自宅療養を指示され、帰宅)。
・3月27日 検査の結果、陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴
・3月23日の買い物以外は外出なし。

濃厚接触者
・同居家族なし。
・その他の濃厚接触者なし。

患者の概要(15例目)
・年齢、性別等:40歳代、男性(福岡市南区在住)
・症状等:発熱、咳
・職業:会社員
・その他:最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯
・3月20日 発熱37度台。A医療機関を受診。
・3月23日 発熱38度台。B医療機関を受診。
・3月25日 発熱が続くため、B医療機関を再受診。
・3月26日 発熱が続くため、B医療機関を再々受診。
・3月26日夜 発熱が続くため、A医療機関を再受診。CT検査の結果、肺炎の所見があり。
・3月27日 保健所に連絡のうち、PCR検査実施。陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。
(A、B医療機関受診時は、本人はマスクを着用)

患者行動歴
・発症後は、通院以外、自宅療養。

濃厚接触者
・同居の家族(妻)は特定し、PCR検査実施予定。
・A医療機関については調査中。
・B医療機関については、感染対策が実施されていたため、濃厚接触者なし。
・その他の濃厚接触者はなし。

患者の概要(16例目)、11例目の兄
・年齢、性別等:20歳代、男性(福岡市城南区在住)
・症状等:軽度の咳
・職業:会社員
・その他:最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯
・3月13日 咳、倦怠感あり。
・3月18日 発熱38度台。咳、倦怠感等あり。
・3月24日 解熱。
・3月27日 11例目の濃厚接触者として、帰国者・接触者外来を受診し、CT検査の結果、肺炎の所見があり。PCR検査を実施。陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴
・発症後は、3月17日、24日、26日に出勤。
・その他、調査中。

濃厚接触者
・同居家族3名(両親、弟(11例目))。両親はPCR検査結果、陰性。
・その他の濃厚接触者については、現在調査中。

患者13

3月27日、県内で13例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。

患者の概要
・年代、性別:40代、男性
・居住地:宗像市
・職業:会社員
・症状、経過、行動歴:
 3月23日 仕事から帰宅後、頭痛、関節痛、食欲不振あり。
 3月24日 発熱(37.8度)。
 3月26日 発熱(38.9度)が続くため、宗像・遠賀保健福祉環境事務所の帰国者・接触者相談センターに相談があり、帰国者・接触者外来を受診。胸部エックス線にて肺炎所見あり。
 3月27日 PCR検査を実施。新型コロナウイルス陽性が判明し、感染症指定医療機関に入院。
※症状が出現した次の日(24日)以降、自宅療養。
※医療機関の受診は、自家用車を使用(マスク着用)
※海外渡航歴なし。
・現在の状況:入院中(発熱なし)。

濃厚接触者
・調査中。

患者12

3月26日、福岡県内で12例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。

患者の概要(12例目)
・年代、性別:30代、男性
・居住地:糟屋郡
・職業:会社員
・症状、経過、行動歴:
 3月12日 出国。
 3月13日~16日 スペイン滞在。
 3月17日 英国滞在。
 3月18日 ロンドンから羽田空港を経由し福岡空港に到着。空港から自宅まではバスを利用(帰宅までマスク着用)
 3月24日 発熱(38.0度)。
 3月25日 発熱(37.6~38.0度)が続いたため、粕屋保健福祉事務所の帰国者・接触者相談センターに相談し、帰国者・接触者外来を受診。
 3月26日 PCR検査を実施。新型コロナウイルス陽性が判明し、感染症指定医療機関に入院。
 ※医療機関の受診は、自家用車を使用。

濃厚接触者

・家族5名について、27日、陰性判明。
・その他、濃厚接触者については調査中。

患者10、11

3月26日、福岡市内で10、11例目の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。

患者の概要(10例目)

・年齢、性別等:50歳代、男性(福岡市東区在住)
・症状等:入院中(発熱、倦怠感、肺炎等)
・職業:会社員
・その他:最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

・3月18日 発熱38度台、倦怠感あり
・3月23日 発熱、倦怠感が継続したためA医療機関受診。自宅療養を指示される。
・3月26日 発熱、倦怠感が継続したためA医療機関再受診。A医療機関より保健所へ連絡し、受診調整。帰国者・接触者外来を受診。CT検査の結果肺炎の所見があり、PCR検査実施。
・3月26日 PCR検査の結果、陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

・発症後、出勤(3月18日、19日、23日)
・詳細及びその他の行動歴については調査中。※移動は自家用車を利用(公共交通の利用なし)。
・発症前については、県外への旅行等はなし。

濃厚接触者

・同居の家族は特定し、詳細は調査中。
・A医療機関については、感染対策が実施されていたため、濃厚接触者なし。
・その他の濃厚接触者については、現在調査中。

患者の概要(11例目)

・年齢、性別等:20歳代、男性(福岡市城南区在住)
・症状等:入院中(発熱、倦怠感、肺炎等)
・職業:無職
・その他:最近の海外渡航歴なし。

患者確認までの経緯

・3月21日 発熱39度台。かかりつけのA医療機関にてレントゲン検査を実施し、異常なし。
・3月23日 解熱。
・3月24日 再度発熱38度台。
・3月25日 A医療機関より保健所へ連絡、受診調整。
・3月26日 帰国者・接触者外来を受診。CT検査の結果、肺炎の所見があり、PCR実施。陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

・基礎疾患(腎疾患)のため、かかりつけ医に定期的に通院し、透析治療中(自宅療養中)。
※発症後は家族の車で通院。
・自宅とA医療機関以外の訪問先なし。

濃厚接触者

・家族3名(両親、兄)について、3月27日PCR検査し、両親は陰性、兄は陽性(16例目)。
・医療機関Aについては、感染対策が実施されていたため、厳密には濃厚接触者にはあたらないが、高リスク者(透析患者)に対する医療機関であることを踏まえ、念のためスタッフ23名及び患者3名のPCR検査を実施。うち、スタッフ7名について27日に検査が完了し、陰性。他については、28日以降実施予定。
・調査の結果、その他の濃厚接触者なし。

患者8、9

3月24日、県内で8、9例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が2名確認されました。

患者の概要(8例目)

25日現在、発熱なし、咳あり。入院治療中

・年代、性別:30代、男性
・居住地:飯塚市
・職業:会社員
・症状、経過、行動歴:
 3月13日 仕事から帰宅後、発熱(37.3度)。
 3月14日 A医療機関を受診。
 3月15日 症状が改善しないためB医療機関を受診、インフルエンザ陰性。
 3月16日 解熱したため、マスクを着用し勤務。
 3月17日 発熱(38.6度)、咳が出現し、C医療機関を受診。胸部エックス線及びCTで肺炎と診断。D医療機関を紹介受診。
 3月19日 経過観察のため、D医療機関を受診し、胸部エックス線による肺炎像は改善傾向。
 3月21日 再度発熱(38.6度)したため、D医療機関を受診。
 3月23日 経過観察のため、D医療機関を受診。
 3月24日 PCR検査を実施。新型コロナウイルス陽性が判明し、感染症指定医療機関に入院。
※職場への通勤と医療機関の受診は、自家用車を使用。医療機関受診時は、マスクを着用。

患者の概要(9例目)

25日現在、発熱および咳なし。入院治療中。

・年代、性別:30代、女性(患者8例目の妻)
・居住地:飯塚市
・職業:無職
・症状、経過、行動歴:
 3月22日 発熱(38.5度)、咽頭痛、咳が出現。
 3月23日 D医療機関を夫に同行し、受診。
 3月24日 PCR検査を実施。新型コロナウイルス陽性が判明し、夫と同じ感染症指定医療機関に入院。
※医療機関受診時は、マスクを着用。

濃厚接触者

・患者の子供1名について、本日(25日)、PCR検査を実施し、結果は陰性。引き続き、保健所が健康観察を行うとともに、外出自粛を要請(4月8日まで)
・勤務先の濃厚接触者なし。
・各医療機関の濃厚接触者なし。医療従事者については、念のため検査を実施(A医療機関9名、B医療機関4名、C医療機関1名、D医療機関0名)。うち12名は、明日検査実施予定。残りの2名に関して明日以降に実施予定。

患者7

福岡市内で4例目の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。

患者の概要

・年齢、性別等:40歳代、男性(福岡市早良区在住)
・症状等:入院中(発熱、肺炎等)
・職業:会社員
・その他:最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

・3月15日 発熱38度台あり。福岡市内のA医療機関を受診。
・3月18日 発熱が続くため、A医療機関を再受診。療養を指示される。
・3月23日 発熱が続くため、A医療機関を再々受診。レントゲン上、肺炎像あり、保健所に連絡。
・3月24日 PCR検査の結果、陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。(A医療機関の受診時は、マスク着用)

患者の行動歴

・3月5日~7日 東京出張。
・3月14日 家族と過ごす。
※上記以外は外出なし

濃厚接触者

・家族3名(妻、子2名)および、病院受診時の運転者(1名)について、PCR検査予定。
・A医療機関については、感染対策が実施されていたため、濃厚接触者なし。
・その他の接触者について、現在調査中。

患者6

概要

令和2年3月23日(月曜日)、北九州市内C医療機関から北九州市保健所に新型コロナウイルス感染症の疑い患者について相談があり、北九州市保健環境研究所にて検査を実施したところ陽性と判明された。

患者情報

・年齢、性別等:40歳代、男性、小倉北区在住
・職業:北九州市職員(小倉南区役所 国保年金課)
     3月17日まで勤務(窓口業務なし)
     3月18日以降は勤務なし。
・海外渡航歴なし、新型コロナウイルス感染症患者との明確な接触歴なし。

経過

・3月17日  午後から咽頭痛、咳あり。(窓口業務なし)18時25分頃、西鉄バス北方一丁目バス停から乗車。19時頃、貴船町バス停下車。
・3月18日  発熱(37.3℃)あり、北九州市内A医療機関を受診。
・3月19日  北九州市内B医療機関を受診。インフルエンザ陰性。
・3月20日  発熱(37~38℃台)、たまに咳あり。
・3月21日~ 発熱(38℃台)と解熱を繰り返す。
・3月23日   起床時、発熱(37.6℃)あり、北九州市内C医療機関を受診。北九州市内D医療機関で検体採取。胸部CTにて肺炎像あり。北九州市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。県内の感染症指定医療機関に入院(状態は安定している。)

濃厚接触者

・独居。
・20人(小倉南区役所国保年金課職員8人、委託業者社員12人)濃厚接触者については、本日から出勤停止及び2週間の健康観察を実施。その他の国保年金課職員等も2週間の健康観察を実施。
・行動歴は調査中。

PCR検査

・医療関係の従事者については、傷病者と直接対応する等、業務の特殊性を鑑みてPCR検査を実施中(A医療機関7人、B医療機関6人、C医療機関5人、計18人)

施設の消毒

・小倉南区役所庁舎は、3月24日(火曜日)に消毒終了。A医療機関、B医療機関及びC医療機関は、3月24日(火曜日)に消毒終了予定。

患者5

・3月19日、福岡県保健環境研究所での検査の結果、新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。
・この患者は、令和2年3月18日に愛媛県で公表された感染者の濃厚接触者として同日に把握し、検査を実施していたものです。
・新型コロナウイルスに関連した感染症の患者の発生が県内で確認されたのは5例目です。

概要

・年齢、性別等:30代、女性
・居住地:宗像市
・職業:会社員(海外勤務)
・症状、経過、行動歴:
 3月上旬  イタリア滞在。
 3月15日 軽い咳が出現(この時点から終始マスク着用)。
 3月16日 ローマから成田空港に到着。リムジンバスで羽田空港に移動。愛媛県の感染者と同じ便、同じバスを利用。福岡空港まで航空機で移動。空港からは家族の自家用車で帰宅。
 3月18日 咳が続いたため、保健所を経て帰国者・接触者外来を受診。PCR検査を実施。
 3月19日 新型コロナウイルス陽性が判明し、感染症指定医療機関に入院。
 3月20日 発熱および咳なし。入院治療中。

濃厚接触者
両親2名について、3月20日、PCR検査を実施し、いずれも結果は陰性。
ともに発熱等の症状はなく、3月16日から現在に至るまで自宅待機中。
引き続き、保健所が健康観察を行うとともに、外出自粛を要請(4月2日まで)。

患者4

概要

・年齢、性別等:30歳代、女性(福岡市在住)
・症状等:入院中(発熱、咳等)
・職業:学生(九州大学)
・国籍:外国籍

患者確認までの経緯

・大学のフィンランドゼミ実習のため、2月19日出国、3月9日帰福。
・3月9日帰福後、発熱、咳症状出現。
・3月13日に福岡市内の医療機関Aを受診。
・3月16日咳、発熱が持続するため、保健所をへて、帰国者・接触者外来を受診。PCR検査実施。
・3月17日、検査の結果、陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

・大学のフィンランドゼミ実習のため2月19日出国。
・2月20日から3月2日までロシアに滞在。
・3月3日から3月9日までフィンランドでゼミ実習。
・3月9日に成田空港-リムジンバス-羽田空港-福岡空港、同行者の車に同乗して帰宅。
・3月12日から13日友人Aが自宅に宿泊。
・3月14日自宅-バス-博多駅-新幹線-小倉駅、友人Bと飲食
(上記以外は、自宅で過ごす)

濃厚接触者等

・同居の家族なし
・実習の同行者5名については、3月18日、PCR検査実施。うち3名は検査の結果、陰性。残り2名は、3月19日以降、結果判明予定。2週間の健康観察予定。
・友人A、Bは、居住自治体に健康観察を依頼。Aは検査中、Bは陰性判明。
・医療機関Aの従事者5名については、感染対策は実施されていたが、念のため、検査を実施。うち、1名については、陰性判明。残り4名については、3月19日検査を予定。
・その他接触者については、現在調査中。

患者3

概要

令和2年2月29日(土曜日)、北九州市内B医療機関から北九州市保健所に新型コロナウイルス感染症の疑い患者について相談があり、北九州市保健環境研究所にて検査を実施したところ、令和2年3月1日(日曜日)に陽性と判明しました。

患者情報

・年齢、性別等:60歳代、男性、小倉南区在住
・職業:タクシー運転手
・基礎疾患:腎疾患(人工透析治療中)
・海外渡航歴なし、新型コロナウイルス感染症患者との明確な接触歴なし

経過

2月19日から咳あり
2月21日 発熱(37.1℃)、咳あり
2月24日 発熱(38.0℃)、咳あり
2月25日 発熱(38℃台)、咳、呼吸困難あり。北九州市内A医療機関を受診し、入院となる。
2月29日 症状改善せず、北九州市内B医療機関に転院。肺炎の指摘あり。
3月1日   北九州市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。県内の感染症指定医療機関に転院し、入院となる。状態は安定している。

3月19日 退院。

患者の行動歴

・海外渡航歴なし
・行動歴は、調査中

濃厚接触者

・同居の家族なし
・3月2日未明、患者と接触した医療スタッフのうち19名についてPCR検査を実施。19名とも陰性を確認。
・その他の濃厚接触者については、調査中

患者2(患者1の妻)

概要

•年齢・性別:60歳代:女性(福岡市中央区在住)
•症状等:発熱、肺炎等で入院していたが、3月6日に退院
•職業:パートタイマー
•最近の海外渡航歴なし


症状・経過

•2月17日 悪寒があり。医療機関Aを受診。熱なし。咳なし。ウイルス性の風邪と診断。自宅療養。
•2月18日 発熱(37℃台),自宅療養。
•2月19日 勤務先にマスク着用で勤務。タクシーを利用。
•2月20日 新型コロナウイルス感染症の夫の濃厚接触者として、感染症指定医療機関を受診し,CT検査の結果肺炎の診断。PCR検査の結果、陽性であることが判明し、入院。
•3月6日 退院。


患者行動歴

•中国を含め,最近の海外渡航歴なし。
•発症後の行動 2月19日 勤務先にマスク着用で勤務。マスク着用でタクシーを利用。


濃厚接触者

•同居の家族2名(夫(事例1)、子)のみ。

患者1

概要

•年齢・性別:60歳代男性(福岡市中央区在住)
•症状等:入院中(発熱,肺炎等)
•職業:無職
•最近の海外渡航歴なし


症状・経過

•2月13日より発熱(37.5℃)。咳なし。福岡市内の医療機関Aを受診。自宅療養を指示される。
•2月19日発熱が続くため医療機関Aを再受診。レントゲン上,肺野に陰影を認めたため,医療機関Aより保健所をへて感染症指定医療機関Bへ受診・入院。
•2月20日未明,PCR検査の結果,陽性であることが判明。


患者行動歴

•中国を含め,最近の海外渡航歴なし。
•発症前2週間前までについては,公共交通機関を使用せず,自転車で移動。
•発症後は自宅療養しており,一歩も外に出ておらず,家族以外の濃厚接触者なし。

濃厚接触者

•同居の家族2名(妻,子)のみ。
•2月20日,PCR検査で妻(患者2)が陽性,子は陰性と判明(3月5日、健康観察終了)。

[3] 国内外での発生状況

新型コロナウイルス感染症の発生状況についてお知らせします(新しいウインドウで開きます)

(4)日常生活で気を付けること

 県民のみなさまにおかれては、過剰に心配することなく、インフルエンザなどと同様に、手洗いや咳エチケットなどの、感染症対策に努めていただくとともに、持病がある方、ご高齢の方はできるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意をしていただくようお願いします。

<知事から県民のみなさまへお願い>

手洗い

 まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
【動画】正しい手洗いの仕方について

正しい手洗いについて説明したリーフレットです

 

咳エチケット

 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。

【動画】正しい咳エチケットについて

 咳エチケットについて説明したチラシです

 持病がある方、ご高齢の方、妊娠中の方は、できるだけ人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休み、公共交通機関を利用しての外出、人混みの多い場所への外出を避け、自宅で療養してください。

 発熱等の風邪の症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

 【参考】新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸ホームページ)(新しいウインドウで開きます)

 【参考】新型コロナウイルスに関連した感染症に関するQ&A(厚生労働省ホームページ)(新しいウインドウで開きます)

 感染症の予防には、お一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。

 集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。

密を避けて外出しましょう

(5)新型コロナウイルス感染症が疑われる場合の受診・相談について

[1] 医療機関の受診に関する相談

 県では、「帰国者・接触者相談センター」及び「帰国者・接触者外来」を設置しています。

 保健所に設置している「帰国者・接触者相談センター」では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。下記の症状がある場合は、同センターにご相談ください。

  1. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  2. つよいだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

 ※なお、以下のような方はこの状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
  ・高齢者
  ・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
  ・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

 ※妊娠中の方については、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

 センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合には、「帰国者・接触者外来(県内44医療機関)」をご紹介しています。マスクを着用し、電車、バス、タクシーなどの公共交通機関の利用を避けて受診してください。
 新型コロナウイルスを疑った場合は、保健所が設置している帰国者・接触者相談センターへ電話で相談すること、発熱や咳など、かぜ症状があり、かかりつけ医を受診する際には、直接受診せず、必ず事前に電話でご相談ください。

 3月6日から、民間検査機関でもPCR検査を実施できるようになりました。帰国者・接触者外来にてPCR検査が必要と判断された場合、保険適用で検査を受けることが可能です。検査までの流れについては下記の資料をご参照ください。

新型コロナウイルス感染症の検査の流れ(令和2年3月16日現在)

県域保健所(帰国者・接触者相談センター)の連絡先一覧
保健所名 電話番号 夜間・休日の連絡先
筑紫保健福祉環境事務所 092-707-0524 福岡県保健所夜間休日
緊急連絡番号
092-471-0264
粕屋保健福祉事務所 092-939-1746
糸島保健福祉事務所 092-322-5579
宗像・遠賀保健福祉環境事務所 0940-36-6098
嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所 0948-21-4972
田川保健福祉事務所 0947-42-9379
北筑後保健福祉環境事務所 0946-22-9886
南筑後保健福祉環境事務所 0944-68-5224
京築保健福祉環境事務所 0930-23-3935


 北九州市、福岡市、大牟田市及び久留米市にお住まいの方は各市の保健所に設置している「帰国者・接触者相談センター」ご相談ください。

各市保健所(帰国者・接触者相談センター)の連絡先一覧

保健所名 電話番号 夜間・休日の連絡先 ホームページ
北九州市新型コロナウイルス専用ダイヤル

093-522-8745(24時間対応)

 〃

北九州市ホームページ(新しいウインドウで開きます)

福岡市東区保健福祉センター 092-645-1078

福岡市夜間休日緊急連絡番号

092-761-7361

福岡市ホームページ(新しいウインドウで開きます)

福岡市博多区保健福祉センター 092-419-1091
福岡市中央区保健福祉センター 092-761-7340
福岡市南区保健福祉センター 092-559-5116
福岡市城南区保健福祉センター 092-831-4261
福岡市早良区保健福祉センター 092-851-6012
福岡市西区保健福祉センター 092-895-7073
大牟田市保健所 0944-41-2669 0944-41-2669

大牟田市ホームページ(新しいウインドウで開きます)

久留米市新型コロナウイルス相談センター 0942-30-9335

0942-30-9335

(音声ガイドに従ってください)

久留米市ホームページ(新しいウインドウで開きます)

[2] 一般的なことに関する相談

 新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談は、下記相談窓口で対応しています。

 福岡県庁 がん感染症疾病対策課感染症対策係

 092-643-3288

 (対応時間は、平日8時30分から17時15分です。)

 ファクシミリ番号 092-643-3331

※現在、大変多くのご相談・お問い合わせをいただいており、時間帯によってお電話がつながりにくい状況が発生しています。おかけのお電話がつながらなかった場合は、大変恐れ入りますが、時間を置いて再度おかけいただきますようお願いいたします。
 みなさまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

[3] Consultation in Foreign Languages(外国語で相談する場合)

 Cases of coronavirus disease (COVID-19) have been confirmed in Fukuoka prefecture. You can find information about coronavirus (hotlines, measures of protecting yourself and preventing the spread of diseases) on the following website;

Coronavirus disease (COVID-19) advice for the public (Opens in a new window)

2.新型コロナウイルス感染症が疑われる場合等の対応(医療機関、宿泊業者、旅行業者のみなさま)

 医療機関への受診者、宿泊施設の宿泊者、旅行者等に新型コロナウイルス感染症が疑われる方がいらした場合の対応については、以下のページをご参照ください。

 新型コロナウイルス感染症が疑われる場合等の対応(医療機関、宿泊業者、旅行業者のみなさま)(新しいウインドウで開きます)

3.県の取り組みについて

 新型コロナウイルス感染症の感染とその拡大防止のため、以下の取り組みを行っています。

(1)県有施設の臨時休館等について 

 当面の間、多数の方が利用する県の施設について臨時休館、または、施設利用の中止・延期を行います。

 県有施設の臨時休館等について(新型コロナウイルス感染症対策)

(2)県主催のイベント・行事などについて

 当面の間、県主催の一般県民の方が参加するイベントや集会を、原則、開催中止または延期とします。

 【中止・延期のお知らせ】福岡県主催のイベント・行事など(新型コロナウイルス感染症対策)

(3)県内の学校等での対応について

 県内の学校での臨時休校に関する情報や、教職員・児童生徒等への感染(疑い)が発生した場合の対応、学校行事、入試等への対応についてはこちらをご参照ください。

 福岡県教育委員会の新型コロナウイルス感染症への対応について

(4)新型コロナウイルス対策本部会議の開催状況

第5回新型コロナウイルス感染症対策本部会議(3月27日(金曜日)開催)

 3月27日、県では、新型コロナウイルス感染症対策本部会議(本部長:小川知事)を開催しました。
 会議では、新型コロナウイルスの県内の状況や県の対応について報告が行われました。

  • 新型コロナウイルス感染症の状況について
     3月23日に1名、24日に3名、26日に3名の感染症が発生し、県内の感染者が12名となりました。またこれまでに2名の方が退院され、現在10名の方が入院治療中であり、引き続き、情報の把握をしていくことを確認しました。
  • 国の「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」がまとめた、「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」について
     専門家会議がまとめた分析結果などについて、国内の感染状況や今後の見通し、地域ごとの対応に関する基本的な考え方などを報告しました。    
  • 県主催イベントおよび県有施設の対応について
     当面の間としていた、県主催イベントの開催中止・延期、県有施設の臨時休館の期間を、当面、4月19日(日曜日)までとすることを決定しました。
     また、県有施設において、4月19日(日曜日)までに実施予定であったイベントについて、新型コロナウイルスの感染予防を理由に中止などの決定を行った場合は、すでに納付された施設利用料の全額還付を行うことも決定されました。
     なお、これらの決定事項については、全国および県内の感染状況、国の対応状況を注視し、必要に応じ見直しを行うこととしました。
  • 各部からの報告
     県で独自に購入した手指消毒薬を高齢者施設や介護施設などに配布することや、フリーランスへの資金繰り支援策についてのさらなる周知徹底を図るため、県の広報媒体の活用やフリーランス協会(福岡事務局)を通じた周知を行うことを報告しました。
     また、業績不振により解雇などをされたため、現に居住している住居からの退去を余儀なくされる方に対し、県営住宅および福岡県住宅供給公社賃貸住宅の一時提供を実施することなどについて報告しました。

 会議の内容についてはこちらをご参照ください。

 第5回福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

第4回新型コロナウイルス感染症対策本部会議(3月19日(木曜日)開催)

 会議の内容についてはこちらをご参照ください。

 第4回福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

第3回新型コロナウイルス感染症対策本部会議(2月28日(金曜日)開催)

 会議の内容についてはこちらをご参照ください。

 第3回福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

第2回新型コロナウイルス感染症対策本部会議(2月19日(水曜日)開催)

 会議の内容についてはこちらをご参照ください。

 第2回福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

第1回新型コロナウイルス感染症対策本部会議(1月30日(木曜日)開催)

 会議の内容についてはこちらをご参照ください。

 第1回福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

4.県民の方、事業者の方への支援情報(助成金、相談窓口情報等)

  • 新型コロナウイルス感染症の影響による、休暇、休業、解雇等の労働に関する相談
  • 小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるを得なくなった保護者の皆さんへの助成金情報
  • 事業者(農林漁業者を含む)の方の相談窓口情報、助成金情報

  上記の情報を含む、県民の方、事業者の方への各種支援情報、お知らせ等については、以下のページをご参照ください。 

 県民の方、事業者の方への支援情報(助成金、相談窓口情報等)(新しいウインドウで開きます)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。