ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > パスポート・国際交流 > 留学生・在住外国人支援 > 【外国人(がいこくじん)の 方(かた)へ】緊急事態措置(きんきゅうじたいそち)を強(つよ)くすることと、”福岡県新型コロナウイルスワクチン広域接種センター(ふくおかけんしんがたころなういるすわくちんこういきせっしゅせんたー)”の設置について

本文

【外国人(がいこくじん)の 方(かた)へ】緊急事態措置(きんきゅうじたいそち)を強(つよ)くすることと、”福岡県新型コロナウイルスワクチン広域接種センター(ふくおかけんしんがたころなういるすわくちんこういきせっしゅせんたー)”の設置について

更新日:2021年5月20日更新 印刷

緊急事態措置(きんきゅうじたいそち)を 始(はじ)めてから 8日(にち)が 経ちました。 必要(ひつよう)がなければ、 外(そと)に 出(で)ないようにすることや お店(みせ)を 休(やす)みにすること、 お店(みせ)を 開(あ)ける 時間(じかん)を 短(みじか)く することなど、厳(きび)しい お願(ねが)いでしたが、 たくさんの 県民(けんみん)の みなさんと 事業者(じぎょうしゃ)の みなさんに 協力(きょうりょく)してもらいました。 本当(ほんとう)に ありがとうございます。

今回(こんかい)は、 たくさんの 人(ひと)が 集(あつ)まる 集客(しゅうきゃく)施設(しせつ)への お願(ねが)いです。 土曜日(どようび)と 日曜日(にちようび)に お店(みせ)を 閉(し)めるよう 協力(きょうりょく)を お願(ねが)いします。

人出(ひとで)(人(ひと)が その場所(ばしょ)に 出(で)ること) について、 平日(へいじつ)も 土曜日(どようび)と 日曜日(にちようび)も 今年(ことし)1月(がつ)の 緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)の時(とき)と 比(くら)べて 減(へ)っています。 しかし、 昨年(さくねん) 4月(がつ)の 緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)の時(とき)からは とても 増(ふ)えています。

『新(あたら)しく コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)になった 人(ひと)』の 数(かず)は、 5月(がつ)12日(にち)(水曜日(すいようび))が 今(いま)までで 一番(いちばん) 多(おお)く、 634人(にん)でした。 5月(がつ)19日(にち)(水曜日(すいようび))は、 500人(にん)くらいでした。 このように、 『新(あたら)しく コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)になった 人(ひと)』の 数(かず)は とても 多(おお)くなっています。

医療(いりょう)を 提供(ていきょう)する 体制(たいせい)については、 病院(びょういん)の ベッド(べっど)の 使用率(しようりつ)は 5月(がつ)19日(にち)(水曜日(すいようび))時点(じてん)で 77.5%(ぱーせんと)、 重(おも)たい 病気(びょうき)の 人(ひと)の 病院(びょういん)の ベッド(べっど)の 使用率(しようりつ)は 52.5%(ぱーせんと)です。

すぐに 『入院(にゅういん)が 必要(ひつよう)な 人(ひと)』が 入院(にゅういん)できない 状況(じょうきょう)では ありません。 しかし、 『新(あたら)しく コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)になった 人(ひと)』の 数(かず)が 多(おお)くなった時(とき)から、 遅(おく)れて 『入院(にゅういん)する 人(ひと)』の 数(かず)が 多(おお)く なることが よくあります。

特(とく)に、 『変化(へんか)した コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)』は、 人(ひと)に うつりやすいです。 今(いま)までよりも 外(そと)に 出(で)る 人(ひと)を 少(すく)なくする 必要(ひつよう)があります。

たくさんの人(ひと)が 集(あつ)まる お店(みせ)や 施設(しせつ)に、 次(つぎ)のことを お願(ねが)いします。

【新(あたら)しい 措置(そち)】

1000平方メートル(へいほうめーとる)より 広(ひろ)い お店(みせ)や 施設(しせつ)、 具体的(ぐたいてき)には 次の とおりです。

・百貨店(ひゃっかてん)、 ショッピングセンター(しょっぴんぐせんたー)などの 『商業施設(しょうぎょうしせつ) (生活必需(せいかつひつじゅ)を 除(のぞ)く)』

・パチンコ店(ぱちんこてん)、 ゲームセンター(げーむせんたー)などの 『遊技場(ゆうぎじょう)』

・競馬(けいば)や ボートレース(ぼーとれーす)、 場外馬券売場(じょうがいばけんうりば)などの 『遊興施設(ゆうきょうしせつ)』

・スーパー銭湯(すーぱーせんとう)、 エステティックサロン(えすててぃっくさろん)などの 『サービス業(さーびすぎょう) (生活必需サービス(せいかつひつじゅさーびす)を 除(のぞ)く)』

緊急事態措置(きんきゅうじたいそち)が 行(おこな)われている間(あいだ)、 お店(みせ)を 開(あ)ける 時間(じかん)を 20時(じ)までに してください。 また、 5月(がつ)22日(にち)(土曜日(どようび))からは、 土曜日(どようび)と 日曜日(にちようび)に お店(みせ)を 閉(し)めて ください。協力(きょうりょく)してくれた お店(みせ)や 施設(しせつ)は お金(かね)がもらえます。

また、 今回(こんかい) お願(ねが)いをしない 施設(しせつ)や お店(みせ)にも、 お願(ねが)いです。 お店(みせ)の 中(なか)や 外(そと)で、 人(ひと)が たくさん 集(あつ)まらないように、 工夫(くふう) (一度(いちど)に お店(みせ)に 入(はい)る 人(ひと)の 数(かず)を 減(へ)らしたり、 並(なら)ばせたりするなど)を してください。

【『仕事(しごと)へ 行(い)く人(ひと)』を 減(へ)らす】

『外(そと)へ 出(で)る人(ひと)』を 減(へ)らすには、 家(いえ)で 仕事(しごと)を することなども 大事(だいじ)です。

事業者(じぎょうしゃ)のみなさんは、 『仕事(しごと)へ 行(い)く人(ひと)』を 70%(ぱーせんと)減(へ)らすことを 目指(めざ)してください。 家(いえ)で 仕事(しごと)をする、 仕事(しごと)へ 行(い)くときも、 時間(じかん)を ずらして 仕事(しごと)へ 行(い)くなど、 人(ひと)と  会(あ)うことを 減(へ)らすように 強(つよ)く お願(ねが)いします。

 

県庁(けんちょう)でも、 『県民(けんみん)の 命(いのち)や財産(ざいさん)を 守(まも)るために 必要(ひつよう)な 仕事(しごと)』を する人(ひと)など 以外(いがい)は、

仕事(しごと)へ 行(い)くことを 減(へ)らす 取(と)り組(く)み (家(いえ)で 仕事(しごと)をする、 お休(やす)みを 取(と)るなど)を しています。 5月(がつ)14日(にち)(金曜日(きんようび))は、 70%(ぱーせんと)くらい 仕事(しごと)へ 行(い)く人(ひと)が 減(へ)りました。 事業者(じぎょうしゃ)の みなさんも、 ご協力(きょうりょく)を お願(ねが)いします。

 

今回(こんかい)、 デパート(でぱーと)や パチンコ店(ぱちんこてん)などへ 土曜日(どようび)と 日曜日(にちようび)に お店(みせ)を 閉(し)めるように お願(ねが)いしているため、 隣(となり)の県(けん)などへ行(い)って お店(みせ)を 利用(りよう)する人(ひと)が いるかも しれません。

九州(きゅうしゅう)の 他(ほか)の県(けん)の 知事(ちじ)と 話(はな)し合(あ)って、 必要(ひつよう)が ないときは、 隣(となり)の県(けん)などへ 行(い)かないように することが 決(き)まりました。 県民(けんみん)のみなさん、 必要(ひつよう)が ないときは、 隣(となり)の県(けん)などへ 行(い)かないように してください。

【医療(いりょう)を 提供(ていきょう)する 体制(たいせい)】

県(けん)では コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)に なった 人(ひと)の ための 病院(びょういん)の ベッド(べっど)を 4月(がつ)19日(にち)(水曜日(すいようび))の 802個(こ)から 1,206個(こ)に 増(ふ)やしました。 そのうち 重(おも)たい 病気(びょうき)の 人(ひと)の ための ベッド(べっど)の 数(かず)を 111個(こ)から 158個(こ)に 増(ふ)やしました。

宿泊療養施設(しゅくはくりょうようしせつ)を 今月(こんげつ) 2つ 増(ふ)やしました。  これで 宿泊療養施設(しゅくはくりょうようしせつ)の 部屋(へや)の 数(かず)は 全部(ぜんぶ)で 1,734部屋(へや)と なりました。

病院(びょういん)の ベッド(べっど)の 数(かず)を 1,480個(こ)にすることを 目指(めざ)します。 そして、宿泊療養施設(しゅくはくりょうようしせつ)の 部屋(へや)の 数(かず)を 2,000部屋(へや)にすることを 目指(めざ)します。

【福岡県広域接種センター(ふくおかけんこういきせっしゅせんたー)】

市町村(しちょうそん)は 7月(がつ)の 終(お)わりまでに コロナウイルス(ころなういるす)の ワクチン(わくちん)を 65歳(さい)以上(いじょう)の 全(すべ)ての 人(ひと)に 打(う)つことを 目指(めざ)しています。

福岡県(ふくおかけん)は、 県(けん)に 住(す)んでいて、 ワクチン(わくちん)を 打(う)ちたいと 思(おも)っている、 65歳(さい)以上(いじょう)の みなさんが、 7月(がつ)の終(お)わりまでに 打(う)つことが できるように、 『福岡県広域接種センター(ふくおかけんこういきせっしゅせんたー) (ワクチン(わくちん)を 打(う)つための 場所(ばしょ))』を 2つ 作(つく)りました。

場所(ばしょ)は、 田川市(たがわし)にある 『福岡県立大学(ふくおかけんりつだいがく)』と、 みやま市(し)にある 『保健医療経営大学(ほけんいりょうけいえいだいがく)』です。 どちらの 場所(ばしょ)も、 1日(にち)に 1,000人(にん)まで ワクチン(わくちん)を 打(う)つことができる 大(おお)きさで、モデルナ社(もでるなしゃ)の ワクチン(わくちん)を 2回(かい) 打(う)つ 予定(よてい)です。

対象(たいしょう)となる 人(ひと)は、 次(つぎ)のとおりです。

・7月(がつ)の 終(お)わりまでに ワクチン(わくちん)を 打(う)つことが できない人

・『みんなで 集(あつ)まって ワクチン(わくちん)を 打(う)つ 場所(ばしょ)』を 作(つく)ってほしいという お願いをしていた 市町村(しちょうそん)に 住(す)む、 高齢者(こうれいしゃ)

ワクチン(わくちん)を 打(う)つ 場所(ばしょ)まで 行(い)く 方法(ほうほう)も 用意(ようい)する 予定(よてい)です。 6月(がつ)の はじめから 予約(よやく)が できるように、 用意(ようい)をしています。 詳(くわ)しいことは また お知(し)らせします。

 

これからも、 必要(ひつよう)が ないときは 外(そと)へ 出(で)ないように してください。 外(そと)へ 出(で)るときは、 本当(ほんとう)に 必要(ひつよう)なのか、 もう一度(いちど) 考(かんが)えてください。 自分(じぶん)の 行動(こうどう)に 責任(せきにん)を 持(も)って 行動(こうどう)してください。 みなさん、 コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)を 広(ひろ)げないために 協力(きょうりょく)してください。

他(ほか)の 言葉(ことば)で 見(み)たい 人(ひと)へ

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)