ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > 新型コロナウイルス感染症について(筑紫保健福祉環境事務所)

本文

新型コロナウイルス感染症について(筑紫保健福祉環境事務所)

更新日:2020年6月25日更新 印刷

新型コロナウイルス感染症について

引き続き、感染防止対策への取組みをお願いします。

 福岡県では、急激に感染者が増加していた北九州市の感染状況が落ち着いたため、6月19日以降、全県的に外出自粛や休業要請を解除しました。
 今後は、感染の再拡大の防止を図りながら、社会経済活動のレベルを上げていくことが必要となります。
 自分、家族、社会を守るため、県民、事業者の皆様に対して、新しい生活様式の実践やイベント等の開催にあたっては徹底的な感染防止策を講じること等をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関して

 令和元年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市において、新型コロナウイルスに関連した複数の肺炎の発生が報告されており、中国を中心に世界各国から発生が報告されています。世界保健機関(WHO)は、1月31日未明(日本時間)、中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC:Public Health Emergency of International Concern)」に該当すると発表しました。
 こうした状況から、日本では新型コロナウイルス感染症は、感染症法に基づく「指定感染症」に指定されました。

一般的な相談に関して

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談は、下記相談窓口で対応しています。

〇厚生労働省電話相談窓口 0120-565653(フリーダイヤル)
 対応時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

〇福岡県新型コロナウイルス感染症一般相談窓口
 電話 092-643-3288
 ファクシミリ 092-643-3697
 24時間対応

〇筑紫保健福祉環境事務所 企画指導係 092-513-5610
 対応時間:8時30分~17時15分(平日のみ)

医療機関の受診に関する相談

県では、「帰国者・接触者相談センター」及び「帰国者・接触者外来」を設置しています。

 保健所に設置している 「帰国者・接触者相談センター」では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。同センターでは、相談内容から新型コロナウイルス感染症の疑いがあると判断した場合、その方へ適切な診察を行う「帰国者・接触者外来」等への受診調整を行います。

 なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

 

筑紫保健福祉環境事務所 帰国者・接触者相談センター 092-707-0524(平日8時30分から17時15分)

福岡県保健所夜間休日 緊急連絡番号 092-471-0264

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)