ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 防災・国民保護 > 防災情報 > 福岡県防災講演会

本文

福岡県防災講演会

更新日:2017年7月18日更新 印刷

事業内容

目的

 東日本大震災や熊本地震、九州北部豪雨など、近年大規模な自然災害が全国各地で発生しています。このような災害からの被害を最小限にとどめるためには、住民一人ひとりが今後起こりうる災害のリスクについて認識し、自分の身は自分で守る「自助」、自治会や自主防災組織など地域で互いに助け合う「共助」に関する知識を蓄え、いざというときに実践できるよう備えておくことが大切です。 

 このため、福岡県と一般財団法人地域社会ライフプラン協会が共催で、地域防災活動やボランティア活動の更なる充実に資することを目的として以下の通り講演会を開催いたしました。

概要

・主催

福岡県、一般財団法人地域社会ライフプラン協会

 

・講演会内容

1.「『足元に活断層がある!』と知ったとき、どうしますか?」

産業技術総合研究所 宮下 由香里

 

2.「避難(所)生活で犠牲者を発生させないために~国のガイドラインも踏まえた支援のあり方とは?」

減災と男女共同参画 研修推進センター 浅野 幸子

スケジュール

日時

平成29年9月1日(金曜日) 13時30分から16時00分

会場

八重洲博多ビル 11階 貸しホールA (〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-18-30)

(注)JR博多駅(筑紫口)から徒歩約5分

申込方法

※申込受付は終了しました。

 

画像は上から、講演会の様子、講演中の宮下講師、浅野講師

講演会の様子
講演中の宮下講師
講演中の浅野講師

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。