ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 子ども・青少年 > ひとり親家庭 > 令和2年7月3日からの大雨による被災者に対する母子父子寡婦福祉資金貸付金の取扱いに関するお知らせ

本文

令和2年7月3日からの大雨による被災者に対する母子父子寡婦福祉資金貸付金の取扱いに関するお知らせ

更新日:2020年7月10日更新 印刷

令和2年7月3日からの大雨による被災者に対する母子父子寡婦福祉資金貸付金の取扱いについて

 令和2年7月3日からの大雨による被災者の母子父子寡婦福祉資金貸付金の取扱いについては、以下のとおりとしますので、お知らせします。 

 

 1 対象者

   り災証明を交付された方

 

 

 2 対応

 (1) 支払の猶予  

  • 各種資金について、貸付けを受けた方が、災害により支払期日に償還を行うことが著しく困難になった場合は、その支払いを猶予いたします。

※1年以内の支払い猶予期間を設けることが可能です。猶予期間中は無利子とします。

 

 (2) 据置期間の延長

  • 住宅に被害を受けた方について、被災後1年以内に貸し付けられる住宅資金、事業開始資金及び事業継続資金の据置期間を、2年を超えない範囲内において延長することができます。

 

 (3) 寡婦の所得制限限度額の緩和

  • 子を扶養していない寡婦の所得制限限度額の適用については、災害等により生活の状態が著しく窮迫していると認められる事情にある方に対し、所得制限の適用の対象としません。

 

問い合わせ先

 詳しくは、お住まいの地域の保健福祉(環境)事務所まで、お問い合わせください。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)