ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種に関する情報(乳幼児接種)

本文

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種に関する情報(乳幼児接種)

更新日:2022年11月21日更新 印刷

リンク

乳幼児接種

接種会場や予約方法などは、お住いの市町村窓口にお問い合わせください。

接種が受けられる時期

接種を行う期間は、令和4年10月24日から令和5年3月31日までです。

※上記期間中は、全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

接種ワクチンと接種間隔・接種対象年齢

新型コロナワクチンの幼児接種の対象は、生後6か月~4歳のお子様です。

※乳幼児接種は、合計3回接種して初回接種が完了します。3回で1セットですので、早めの接種予約をご検討ください。

乳幼児接種間隔

 
  初回接種(1~3回目接種)
ワクチン ファイザー社(6か月~4歳用)
接種回数 3回で1セット
接種間隔(※1)

【2回目接種】    

1回目接種から、通常、3週間

【3回目接種】

2回目接種から、8週間以上

接種対象年齢(※2)

1回目の接種日に生後6か月~4歳

(※1)1回目の接種からの間隔が3週間を超えた場合または2回目の接種からの間隔が8週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目または3回目の接種を受けてください。
(※2)初回接種については、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に4歳だったお子様が、3回目の接種時までに5歳の誕生日を迎えた場合、3回目接種にも1回目と同じ乳幼児(6か月~4歳)用ワクチンを使用します。

 

接種の手続き

新型コロナワクチンと他のワクチンとの接種間隔などについては、かかりつけ医等にご相談ください。同時または前後2週間は、インフルエンザワクチンを除き、原則として、他のワクチンを受けることはできません。
また、お子様に基礎疾患があるときなど、ワクチンについての疑問や不安があるときも、かかりつけ医等によくご相談ください。

 

接種当日のご注意

■予診・接種に同席ができる保護者(親権者または後見人)の同伴が必要です。
※保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。
■当日は、すぐに肩または太ももを出せる服装で来てください。特に、1歳未満のお子様の場合は太ももに接種をしますので、服装の工夫をしてください。
■37.5度以上の発熱や、体調不良の場合は、ワクチン接種を受けられません。予約先にお電話で取消のご連絡をお願いいたします。
■ 忘れずにお持ちください。
▷本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証等)
▷市町村より郵送されてきた封筒(接種券や予診票が送られてきた封筒)の中身一式
■可能な限りお持ちください。
▷母子健康手帳(接種を受けるお子様の接種履歴を管理しているため)

 

接種券の確認と予約

1 接種券の確認

お住まいの市町村から「接種券」が届きますので、同封の案内をよく読んで、接種の準備を進めてください。

2 接種会場の確認

接種券と同封の案内や市町村ホームページ等に従って、ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場を探してください。

<参考>

・ 新型コロナウイルスワクチン接種に関する市町村ホームページ一覧 [PDFファイル/552KB]

・ コロナワクチンナビ 接種会場を探す(厚生労働省ホームページ)

3 予約する

接種券と同封されている案内や市町村のホームページ等を参考に、予約をしてください。

接種日当日の流れ

1 自宅での体温測定

・ 接種前にご自宅で体温を測定しましょう。
・ 明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控え、予約した市町村・県の窓口や医療機関に連絡してください。

2 会場へ向かうための準備

・ 接種券や本人確認書類等、市町村からの案内に記載されている持ち物を準備しましょう。
・ 肩を出しやすい服装で会場に向かいましょう。

3 受付

・ 接種券や予診票、本人確認書類等の確認が行われます。

4 予診

・ 予診票の確認、問診、検温、同意の確認等が行われます。
・ 予診の結果、接種不適当者に該当すると判断された場合には、接種できません。

5 接種

・生後6か月~4歳の場合は1回0.2mL(3μg)を三角筋中央部又は大腿前外側部(1歳未満は大腿前外側部)に、筋肉注射という方法で接種します。

6 接種後の経過観察

・ 接種後にアナフィラキシーが起こることがあるため、少なくとも15分以上、接種会場で座って様子をみます。
・ 過去にアナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を引き起こしたことがある方や、採血等で気分が悪くなったり、失神等を起こしたりしたことがある方は、30分程度様子をみます。

7 帰宅後の注意点

・ 接種を受けた日は、激しい運動は控えてください。入浴は可能ですが、接種部分を強く擦ったりしないようにしてください。
・ 接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れることがあります。大部分は12歳以上のワクチン接種後のものと同様に、数日以内に回復していきますが、特に小さなお子様の場合、おうちの方が様子を観察し、症状に合わせた対応をとっていただくことが大切です。
・ 息苦しそうにしている、むくんでいる、食欲がない、元気がない等普段と違う様子がつづくようであれば、速やかに医療機関を受診させてください。

 

<参考リンク>

厚生労働省「生後6か月~4歳の子どもへの接種(乳幼児接種)についてのお知らせ」

「新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(生後6か月から4歳のお子様の保護者の方へ)」

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)