ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 加工食品の表示方法について勉強会

本文

加工食品の表示方法について勉強会

更新日:2021年10月1日更新 印刷

加工食品の表示方法について勉強会

~朝倉地域農村女性リーダー連絡協議会研修会を開催~

 

 女性農村アドバイザー、JA女性部等の女性農業者の組織である朝倉地域農村女性リーダー連絡協議会は9月27日に研修会を開催しました。令和2年4月から食品表示が新制度へ移行したことを受けて、中級食品表示診断士の門脇美恵子氏を講師に、適正な食品表示についての講義を受けました。

その後、実際に食品表示ラベルを作るワークショップを行いました。その他、加工品を製造している受講者は持参した加工品について表示が正しいか個別に指導を受けました。

参加者からは、「食品表示に興味が持てた」、「ワークショップは具体的で分かりやすかった」、「食品表示を見直す良い機会となった」等の感想が出されました。

農業女性が生産した農作物で、加工食品を作り6次産業化を図ることは経営の多角化や所得の向上、地域の活性化にもつながります。

朝倉普及指導センターでは、今後も朝倉地域農村女性リーダー連絡協議会の活動をはじめとし、女性農業者の活動を支援していきます。

 

研修会の様子
受講生に個別指導する門脇講師

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。