ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > お盆向けシンテッポウユリ順調に出荷

本文

お盆向けシンテッポウユリ順調に出荷

更新日:2021年8月11日更新 印刷
定植講習会
出荷前の目合わせ会

JA筑前あさくら切花部会では、お盆向けのシンテッポウユリを生産しています。昨年、新規栽培希望者に向けた説明会を開催した結果、今まで花を生産したことがない2名が作付けを希望し、今年度は10名の生産者が28アール作付けしています。

新規生産者が栽培管理への理解をより深めるため、今年は定植前から講習会を開催し、定植準備が完了したほ場の状態を確認してもらいました。定植講習会では、実際に定植する際のポイントをベテラン生産者に説明してもらい、普及指導センターは生育初期の管理や防除方法を重点的に指導しました。その後も生育ステージに応じた現地講習会を開催し、ベテラン生産者との情報共有を図りました。その結果、新規生産者も、定植が遅れることなく、病害虫の被害も早めに抑えることができ、ベテラン生産者と同様に、7月下旬から出荷を開始することができました。初めて行う収穫・調製作業は、慣れていないため時間を要したとのことですが、新たな栽培の自信に繋がったとのことでした。

普及指導センターは今後もJA部会と連携しながら、新規生産者の増加に向けた取り組みや、栽培に関する支援を継続的に行います。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)