ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > JAファーム事業による被災者の営農再建を支援

本文

JAファーム事業による被災者の営農再建を支援

更新日:2021年7月29日更新 印刷
ファームディレクターとの面談の様子
ファームディレクターとの面談の様子

 7月20日及び26日に、JA筑前あさくらが実施しているJAファーム事業のファームディレクター6名に対して、関係機関による面談会を開催しました。

 JAファーム事業は、平成29年7月九州北部豪雨の被災農業者を対象に、当初2年間はJAが「ファームディレクター」として栽培管理を委嘱し、3年目からはディレクターに経営を移譲する仕組みです。この仕組みにより、ディレクターは技術を習得しながらスムーズにアスパラガス経営を開始することができます。

 面談では、アスパラガス栽培に取り組んでみた感想や、現在不安に感じていること等について聞き取りを行いました。

ディレクター1年目の生産者からは、「新しい作物に取り組むのはとても新鮮。産地の複合経営モデルになれるよう頑張りたい。」といった意見が述べられました。また、ディレクター2年目の生産者からは、「周りの方々の支援のおかげで、何とか収穫できるまでたどり着けた。自分たちだけでは無理だった。JAファーム事業は新しく農業を始める人にとって、とても心強い仕組みだ。」といった意見が述べられました。

 普及指導センターは、今後も関係機関と連携し、JAファーム事業を通じて被災者の営農再建を支援します。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)