ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > アスパラガスでの新規就農を目指す

本文

アスパラガスでの新規就農を目指す

更新日:2021年4月2日更新 印刷
開講式の様子(3密対策)
研修生(左)と指導者(右)

 

 当協議会では、4月1日、朝倉市長渕のアスパラガスハウスで、令和3年度の新規就農支援研修「開講式」を開催し、農業研修生1名、研修先である先進農家1名、朝倉市・JA筑前あさくら・朝倉普及指導センターの関係機関7名が出席しました。

 新規就農支援研修は、朝倉地域の担い手として活躍してもらうため、就農希望者に対して、アスパラガスやイチゴ及び冬春ナス等の生産技術を先進農家のもとで学ぶとともに、関係機関による農業経営や政策等の講座、営農計画作成に関する研修も行っていきます。

 当日の開講式では、研修先の農家から「テレビで言っているほど、楽で儲かる仕事ではない。しっかり、地に足を付けて農作業を行えば、所得に反映されるので頑張って欲しい。」と厳しくも温かい言葉をかけられていました。

 普及指導センターでは、今後も関係機関及びJA生産部会とも協力しながら支援を行い、核となる担い手の育成に取り組みます。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)