ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 第2回農業者のための経営研修会を開催

本文

第2回農業者のための経営研修会を開催

更新日:2019年11月27日更新 印刷

 11月21日、朝倉普及指導センターにおいて、朝倉地域担い手・産地育成協議会農業経営部会主催で経営研修会を開催し、認定農業者、女性農業者、4Hクラブ員等42名が参加しました。

 最初に、株式会社日本政策金融公庫福岡支店の岩清水氏から代表的な制度資金について説明を受けました。参加者からは、「青年等就農資金の貸付要件や対象」、「償還期間の年齢制限の有無」など具体的な質問が出されました。

 次に、公認会計士の原田佑嗣氏から「決算書から考える我が家の経営戦略~財務分析による自社課題の認識~」について講義を受けました。前回、7月9日研修会の振り返りとして会計の重要性から始まり、決算書の見方や損益分岐点、原価計算の活用による経営課題の見つけ方等の内容へと展開されました。最後に、経営は想いや勘だけでなく、会計も把握することが重要と締められました。参加者アンケートでは、「興味がある分野で、とても参考になった」「今回の受講を機に、普及指導センターからの経営診断を受けてみたい」という意見が聞かれました。

 普及指導センターでは、今後も関係機関と協力しながら、農業者の所得の向上に向けた取り組みを推進します。

熱心に受講する生産者
原田佑嗣氏の講義の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)