ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 情報発信で産地振興を!

本文

情報発信で産地振興を!

更新日:2021年3月6日更新 印刷
全体会議の様子
インスタグラムの例

令和3年1月13日、JA筑前あさくら鉢花部会は全体会議を開き、部会員全員の商品をPRするためのソーシャルネットワーキングシステム(SNS)の利用について、話し合いました。

SNSとは、インターネットを利用した個人間の情報交換を促進する社会的なネットワークサービスのことです。多くの種類がありますが、今回検討されたのはInstagram(インスタグラム)という、写真や動画の投稿に特化した、花をPRするのに適したものです。

全体会議では、Instagramを利用する際の費用や、情報発信の手順などについて話し合われ、実施することが決まりました。JA筑前あさくらの生産部会としては、はじめての取り組みとなります。

部会全体でインスタグラムに取り組むことにより、どちらかというと情報発信が苦手であった高齢の生産者も、自分の商品を広くPRできるなど、これまで以上に販売が促進されることが期待されます。

このような生産現場の前向きな動きに対し、普及指導センターも積極的な活動支援を通じて、県産花き振興を図っていきます。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)