ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 朝倉地域のカキを守るために

本文

朝倉地域のカキを守るために

更新日:2021年2月3日更新 印刷
伐採作業の様子
きれいに作業が完了された園

令和2年12月~令和3年1月にかけて、JA筑前あさくら柿部会朝倉地区の部会員によるカキ園の伐採作業が行われました。

朝倉地域は県内有数のカキ産地ですが、担い手の高齢化や後継者の不足、さらには平成29年7月九州北部豪雨の被災により耕作をやめていく園地や荒廃園が増加しています。これらの園地は、放任されると野生鳥獣や病虫害の温床となり周辺の耕作園に悪影響を及ぼすため、伐採とその後の適正な維持管理が必要です。しかし、伐採作業には一定の経費と労力が求められます。

そこで、柿部会では耕作園を守りカキ産地を維持していくために、鳥獣被害防止総合対策交付金(国庫事業)を活用した荒廃園の伐採活動に取り組むこととしました。この活動は、部会の様々な課題の解決を目的とする「柿部会プロジェクト活動」の一環として、部会全体で取り組むものです。今回は朝倉地区の集落でモデル的に取り組みましたが、今後は全地区に波及させる計画です。

本活動に当たり、普及指導センターは部会への事業活用提案、関係機関や部会員との連絡調整など、円滑に活動を進めるための支援を行いました。これからも部会への支援を通じて、朝倉地域のカキ産地の活性化に向けた取り組みを継続していきます。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)