ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > モモの新技術で産地を活性化!

本文

モモの新技術で産地を活性化!

更新日:2021年1月18日更新 印刷

 朝倉地域は、平成29年7月の九州北部豪雨により、カキをはじめとした様々な果樹園地で甚大な被害を受けました。普及指導センターは被災した果樹農家の営農再開に向けて、補助事業などを活用して、新規に施設栽培の開始や、新技術の導入を推進しています。中でもモモは、本年度から近年開発された盛土式根圏制御栽培法(以下、根圏制御栽培)の導入を開始しました。

 根圏制御栽培は、かん水制御装置を用いた細かな水分コントロールによる高品質果実生産や、樹形と作業動線がシンプルになることによる作業性向上、密植による早期に収量を確保する早期成園化が可能となり、農家の所得向上に大きな効果が期待できます。

 令和2年度は、導入と同時に苗木を植栽したため、果実は着果していないものの、適切な仕立て方や、かん水量と土壌水分との関係の検討などを実施しました。次年度以降は、樹形の完成に向けた枝の確保や、高品質果実生産のためのかん水量の検討、適切な施肥技術の検討などを行う予定です。

 普及指導センターでは今後も関係機関と連携して、根圏制御栽培による果樹生産の支援をはじめ、生産面のみならず様々な観点から被災農家・被災園地の復興に向けた支援を行って参ります。

Y字仕立てのモモ(根圏制御栽培)
モモ(根圏制御栽培)のかん水制御装置

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)