ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > カキ産地振興の起爆剤「秋王」の季節到来!

本文

カキ産地振興の起爆剤「秋王」の季節到来!

更新日:2020年10月22日更新 印刷
収穫期を迎えた「秋王」
出荷目合わせ会の様子

 JA筑前あさくら柿部会は、10月18日よりカキ「秋王」の集出荷を開始しました。「秋王」は福岡県が育成した新品種で、大果で食味が良く市場では高単価で取引されており、カキ産地振興の起爆剤として期待されています。

 一方、「秋王」には結実安定や外観品質の向上など、栽培上の様々な課題があります。普及指導センターでは、関係機関と連携し、課題解決に向けた各種栽培試験、現地巡回、柿部会秋王研究会への支援を通じて、安定生産に向けた取り組みを行ってきました。

 今年は新型コロナウイルスの影響で栽培管理講習会が中止になり、さらに7月には長雨、9月には相次いで台風が襲来するなど、カキ生産において大変厳しい栽培環境となりました。しかし、このような状況に負けず生産者のきめ細やかな栽培管理によって立派に生育した「秋王」が全国へ出荷され始めています。

 今後も普及指導センターでは、カキの産地振興を目指して「秋王」の栽培支援を続けていきます。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)