ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > フルーツの里、朝倉地域に新たな品目が誕生

本文

フルーツの里、朝倉地域に新たな品目が誕生

更新日:2020年11月10日更新 印刷

 朝倉地域では、多くのカキ生産者が「ブドウ」や「モモ」、「スモモ」、「イチジク」等を複合品目として導入し、多様な果樹経営が営まれています。

 今回、11月4日にJA筑前あさくらにおいて、キウイフルーツが初収穫されました。これは、平成29年の九州北部豪雨で被災された果樹農家の経営改善を図るため、新たにキウイフルーツの生産振興に取り組んでおり、現在、生産者20名、栽培面積2.8ヘクタールが栽培され、本年、植栽から3年が経過した4園地で初結実・初出荷を迎えました。

 生産者からは「収穫作業が非常に楽だ」、「果実も大きくなり良かった」といった意見も聞かれ、より一層キウイフルーツへの意欲が増したようです。

 朝倉地域のキウイフルーツの生産振興は、かいよう病対策の徹底による安定生産とJA全農ふくれんVFセンターへの出荷による省力化をすすめています。次年度からも本年以上の収穫量や収穫園地が見込まれるため、さらなる支援が求められます。今後も普及指導センターでは、キウイフルーツの産地振興を通して、果樹農家の経営改善を支援して参ります。

初収穫の様子
家庭選別の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)