ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 広域地域振興 > 福岡地域 > 甘木・朝倉広域市町村圏事務組合から提言書が提出されました

本文

甘木・朝倉広域市町村圏事務組合から提言書が提出されました

更新日:2019年11月12日更新 印刷

 11月12日、甘木・朝倉広域市町村圏事務組合から小川知事に対し、「平成29年7月九州北部豪雨災害及び平成30年7月豪雨災害の早期復旧・復興並びに防災・減災の取組み」「学生に対する支援」「鉄道施設整備に対する支援」についての提言書が提出されました。

 知事は、「被災地の復旧・復興に全力を挙げて取り組み、将来の災害防止や防災・減災を含めてしっかり備えていきたいと考えています。また地域の強みを最大限に生かし、甘木・朝倉地域がさらに発展するよう、皆さんと一緒になって知恵を出し合い、汗をかいていきたいと思います」と述べました。

要望書を受領する知事

(写真)提言書を受領する知事

記念撮影

(写真左から)中嶋県議会議員、田頭副理事長(筑前町長)、知事、林理事長(朝倉市長)、澁谷理事(東峰村長)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。