ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 雇用・労働 > 70歳現役応援社会 > 福岡県70歳現役社会推進協議会に出席しました

本文

福岡県70歳現役社会推進協議会に出席しました

更新日:2019年5月24日更新 印刷

 5月24日、県や経済団体、その他関係機関で構成される「福岡県70歳現役社会推進協議会」が福岡市で開催され、70歳現役社会の実現に向けた協議が行われました。

 協議会会長の小川知事は、「福岡県の取り組みの拠点は『70歳現役応援センター』であり、これまで1万6千人の方が登録をされ、その半分、8千人が職場あるいはボランティアの現場で活躍されています。人生100年時代に向けて、県では昨年から一人一人の健康寿命を延ばすことを目指し、『ふくおか健康づくり県民運動』を始めています。誰もが生き生きと活躍をし、健康で充実した人生を過ごしていただくためにも『70歳現役社会づくり』をさらに進めてまいります」とあいさつしました。

 その後、事務局から「70歳現役応援センター」の実績と計画、「九州・山口70歳現役社会推進協議会」の取組内容などについて報告が行われました。各委員は熱心に意見交換を行い、今後もそれぞれの立場で「70歳現役社会」の実現に向け、行動していくことを確認しました。

あいさつする知事
(写真)あいさつする知事

会議の様子
(写真)会議の様子

福岡県70歳現役社会推進協議会 会員名簿 [PDFファイル/144KB]

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)